10月7日はミステリー記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ミステリー記念日今日は何の日
10月7日の「今日は何の日?」は「ミステリー記念日」です。

スポンサーリンク



10月7日はミステリー記念日

今回は「ミステリー記念日」について解説していきます!
なぜ10月7日が「ミステリー記念日」なのかというと、1849年10月7日にミステリー小説(推理小説)の先駆者であるエドガー・アラン・ポーが亡くなったことが由来となっています。

それまではミステリー小説といった分野は存在しなかったそうで、1845年に発表された「モルグ街の殺人」が世界初のミステリー小説だと言われています。
エドガー・アラン・ポーは「モルグ街の殺人」以外にも「盗まれた手紙」「マリー・ロジェの謎」「アッシャー家の崩壊」など数々の名作推理小説を世に生み出しました。

日本のミステリー小説作家もエドガー・アラン・ポーの影響を受けている人は多く、「江戸川乱歩(えどがわらんぽ)」についてもその一人でした。
「江戸川乱歩(えどがわらんぽ)」という名前についても、エドガー・アラン・ポーという名前をもじって名乗った名前となります。

現在でもエドガー・アラン・ポーの作品には根強くファンが残っていて、本を読むのが好きという人は一度はその作品に手を出したことがあるという人もいるのではないでしょうか。
興味のある方は「ミステリー記念日」をきっかけにして、ぜひエドガー・アラン・ポーの作品を読んでみてくださいね。

スポンサーリンク



推理小説の雑学

今回は「ミステリー記念日」にちなんで「推理小説の雑学」を紹介します。

推理小説史上初の名探偵はオーギュスト・デュパン

推理小説の世界には様々な名探偵がいますよね。
日本でいえば「金田一耕助」であったり「明智小五郎」をイメージする人も多いのではないでしょうか。

推理小説史上で初めて名探偵というキャラクターを確立したのは、エドガー・アラン・ポーの「モルグ街の怪事件」に登場する「オーギュスト・デュパン」であるとされています。
長編ではなく三編の短編推理小説に登場するだけなのですが、後の名探偵と呼ばれるキャラクター像がこの「オーギュスト・デュパン」であるとされているんです。

物語には少し風変わりの天才探偵デュパンと少し鈍い「私」のコンビが登場するのですが、この天才探偵と少し鈍い人の二人組コンビは現在でも推理小説や探偵ドラマではかなりありがちな設定ですよね。

シャーロック・ホームズのモデルとなった人物

推理小説の中に出てくる探偵で最も有名な探偵といっても過言ではないのがコナン・ドイルの推理小説に登場する「シャーロック・ホームズ」ですよね。
実はこの「シャーロック・ホームズ」という名探偵にもモデルが存在していて、ホームズのモデルとなった人物はコナン・ドイルの恩師である「ジョセフ・ベル」という人物だったそうです。

ジョセフさんはとても優れた観察能力を持っていて、初めて会う患者の経歴や職業などを言い当てることが出来たそうです。
ホームズの登場する小説を読んだ人なら知っていると思いますが、ホームズについても職業を言い当てるという特技を持っていて、これはモデルとなったジョセフさんの特技だったんですね。

あのシャーロック・ホームズにもモデルがいたなんてかなり意外ですよね。
以上が推理小説の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(10月7日)
盗難防止の日
ミステリー記念日

■明日は何の日?(10月8日)
寒露
入れ歯感謝デー
ようかんの日

■昨日は何の日?(10月6日)
国際協力の日
役所改革の日

スポンサーリンク



フォローする