10月8日は入れ歯感謝デー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

入れ歯感謝デー
10月8日の「今日は何の日?」は「入れ歯感謝デー」です。
また「入れ歯感謝デー」にちなんで「江戸時代の日本は入れ歯先進国だった」「1ドル紙幣のワシントンは入れ歯が飛び出ないように我慢してる」など入れ歯にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月8日は入れ歯感謝デー

今回は「入れ歯感謝デー」について解説していきます!
なぜ10月8日が「入れ歯感謝デー」なのかというと、10月8日という日付が「いれ(10)ば(8)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「入れ歯感謝デー」については公益社団法人日本歯科技工士会によって2005(平成17)年に制定された記念日となります。
2005年は公益社団法人日本歯科技工士会の創立50周年にあたり、「入れ歯や差し歯など歯科技工技術に感謝する」という事を目的として制定されることとなりました。

また10月8日は「イレバデー」という記念日も制定されており、こちらも語呂合わせが由来となっており、全国保険医団体連合会によって1992(平成4)年に制定されました。
「イレバデー」については「保険で良い入れ歯を」ということで、全国で入れ歯についての電話相談などが行われているそうです。

若い時には歯の有り難味がいまいちわからないものですが、将来歯が無くなってしまって入れ歯のお世話になることになれば、歯の有り難味がわかりそうですよね。
また、歯が怪我などで折れてしまった場合などにも差し歯をすることになりますが、こちらについても有り難味を感じる瞬間なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

入れ歯の雑学

今回は「入れ歯感謝デー」にちなんで「入れ歯の雑学」を紹介します。

江戸時代の日本は入れ歯先進国だった

日本の入れ歯の歴史は意外と長く、江戸時代には既に入れ歯が存在していて、歯科技工の技術自体もかなり発展を遂げていたそうです。
歴史書にも徳川家康が入れ歯をしていたという記録が残っていますよね。

当時の入れ歯は木ロウで歯型を取って設計士、ツゲの木を削ることによって入れ歯を作っていました。
この入れ歯は現代で使われている入れ歯と非常に酷似していて、当時から入れ歯については未来を先取りするようなものだったといっても良いでしょう。

その当時、日本よりも技術的にかなり発展していたヨーロッパの先進国では入れ歯はどのようになっていたのかというと、そもそも入れ歯の存在すら無かったようです。
ヨーロッパでは歯の弱い人はペンチのようなもので食べ物を潰して食べていたそうで、ヨーロッパでいればというものが登場するのは19世紀に入ってからのことでした。

1ドル紙幣のワシントンは入れ歯が飛び出ないように我慢してる

1ドル紙幣にもなっているアメリカ合衆国の初代大統領のジョージ・ワシントンですが、実は歯の疾患を患っていたたため入れ歯をしていたのです。
ワシントンは24歳のころから若くして歯槽膿漏を患ってしまったため、歳をとってからはまともな歯はほとんど残っていなかったそうです。

そこで、普段は木製の入れ歯をはめていました。
入れ歯を着用し始めてからは上手く演説することができなくなって人前に出ることを嫌がったため、政界から退いたともいわれています。

そして、1ドル紙幣のワシントンの表情がやけに無理やり口を閉じている感じになっているのは、入れ歯が飛び出ないように我慢していたからなんです。
当時の木の入れ歯のバネは強力なものが使用されていたため、口から出ないように無理やり口を閉じていたんですね。

以上が入れ歯の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月8日)
寒露
入れ歯感謝デー
ようかんの日

■明日は何の日?(10月9日)
体育の日
世界郵便デー
トラックの日
アメリカンドッグの日

■昨日は何の日?(10月7日)
盗難防止の日
ミステリー記念日

スポンサーリンク

フォローする