マカロンの日の由来と面白い雑学、10月9日の今日は何の日?

マカロンの日今日は何の日
10月9日の「今日は何の日?」は「マカロンの日」です。
また「マカロンの日」にちなんで「マカロンは1000年前から存在した」「ホワイトデーのマカロンの意味」などマカロンにまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日...

10月9日はマカロンの日

今回は「マカロンの日」について解説していきます!
なぜ10月9日が「マカロンの日」なのかというと、マカロンを角度を変えて見ると10月、そして勾玉(まがたま)の形が9であることが由来となっています。

マカロンは立てて横から見てみると数字の1に見えて、マカロンを寝かせて上から見えると数字の0に見えますよね。
更に、マカロンの美味しさが人々に幸せな気持ちを与えることから、吉兆の象徴である勾玉(まがたま)の形の9という数字が採用されることになりました。

また、10月9日という日付は二十四節気である「寒露」の期間にあたり、漢字を変えると「甘露」とも読めることも、甘いマカロンの記念日にふさわしい日だとされています。
「マカロンの日」については全日本マカロン協会によって制定された記念日となります。

全日本マカロン協会によるとこの日を「洋菓子であるマカロンの魅力をより多くの人に知ってもらう」ことが目的の記念日としています。
普段はなかなか手が出ない少し高級なマカロンですが、「マカロンの日」には自分に買ってみたり、普段お世話になっている人にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。


マカロンの雑学

マカロンの日今日は何の日
今回は「マカロンの日」にちなんで「マカロンは1000年前から存在した」「ホワイトデーのマカロンの意味」などマカロンにまつわる面白い雑学を紹介します。

マカロンは1000年前から存在した

とてもオシャレで近代的に見えるマカロンですが、実は1000年前からすでに存在していたそうなんです。
マカロンという食べ物の発祥は諸説あり、イタリアが発祥となった説やフランスが発祥となった説も存在しています。

どちらが発祥の説も語源や由来は一緒であり「小麦粉の生地を薄く延ばした食べ物」という意味だったそうです。
パスタには「マカロニ」という呼ばれるものがありますが、これも元々は「マカロン」と発祥が同じ食べ物だったとされています。

そして、時代が進むのにつれてフランスではマカロンはお菓子として食べるように、イタリアでは主食として「マカロニ」として食べられるようになりました。
現代の日本で食べられているマカロンは、フランスで誕生したパリ風マカロンであり、正式名称は「マカロン・ムー」なんですね。

このパリ風マカロン自体は1930年にパリのお菓子職人であるデフォンテーヌ氏によって考案されたものだとされています。


ホワイトデーのマカロンの意味

ホワイトデーのお返しは男性にとって悩みの種の一つですよね。
実はホワイトデーのお返しのお菓子それぞれには意味が込められていて、マカロンについても例外ではないそうです。

特に意中の相手や恋人などの大切な人のお返しにはマカロンを選ぶことをオススメします。
マカロンのお返しには「特別な人」という意味が込められているため、特に大切な人へのお返しにはぴったりのお菓子なんですね。

また、普段から食べるお菓子よりもオシャレで高級感もあることから、女性に喜ばれることも多いそうです。
もしもホワイトデーのお返しに迷っている方がいましたら、ぜひマカロンをお返しに贈ってみてくださいね。

以上がマカロンの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日...

■今日は何の日?(10月9日)
世界郵便デー
トラックの日
アメリカンドッグの日
マカロンの日
クジラの日
パソコン検定の日

■明日は何の日?(10月10日)
マグロの日
缶詰の日
銭湯の日
ちくわぶの日
イカの日
コッペパンの日

■昨日は何の日?(10月8日)
体育の日
寒露
入れ歯感謝デー
ようかんの日
角ハイボールの日
果物の日
歯ブラシ交換デー