10月10日はマグロの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

マグロの日今日は何の日
10月10日の「今日は何の日?」は「マグロの日」です。
また「マグロの日」にちなんで「なぜマグロは泳ぐのを止めると死んでしまうのか」「カジキマグロは実はマグロじゃない」などマグロにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月10日はマグロの日

今回は「マグロの日」について解説していきます!
なぜ10月10日が「マグロの日」なのかというと、神亀3年旧暦9月15日(新暦726年10月10日)に歌人である山部赤人が聖武天皇のお供をして明石地方を旅した時、鮪漁で栄えるこの地方を「しび(鮪)釣ると海人船散動き」と
歌に詠んだとされていることが由来
となっています。

この歌については「万葉集」巻六・938段に残されています。
「マグロの日」については日本鰹鮪漁業協同組合連合会によって1986(昭和61)年に制定された記念日となります。

マグロといえば青森県の大間や、静岡県の清水や焼津をイメージする人が多いかと思いますが、昔は兵庫県の明石がマグロ漁で栄えていたなんて少し驚きですよね。
1000年以上も前から日本人に好まれていて、今でも寿司屋や居酒屋の刺身でマグロが定番メニューになっていますし、海鮮を食べる時には必ずマグロを注文するという人はかなり多いのではないでしょうか。

栄養も豊富に含んでいることから健康にも良く、マグロを食べれば頭が良くなるとも言われていますよね。
マグロの旬は種類によって変わってきますが、10月10日の「マグロの日」は「キハダマグロ」が旬の時期になっていますので、スーパーなどで見かけたらぜひ買って食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

マグロの雑学

今回は「マグロの日」にちなんで「マグロの雑学」を紹介します。

なぜマグロは泳ぐのを止めると死んでしまうのか

マグロは泳ぐのを止めると死んでしまうという話を聞いた事はありませんか?
この話は噂ではなく、マグロは泳ぐのを止めると本当に死んでしまうのです。

マグロは回遊魚と呼ばれる種類の魚であり、マグロ以外にも回遊魚に属している魚については泳ぐのを止めると死んでしまう魚はいます。
それでは、なぜマグロは泳ぐのを止めると死んでしまうのでしょうか。

実はマグロなどの回遊魚は泳ぐ事によって呼吸をしているのです。
他の種類の魚はエラから空気を取り入れて呼吸をしているのですが、回遊魚を口を開けながら泳ぐ事によってエラに水分を送り、水分に含まれている酸素を取り込んで呼吸をしています。

呼吸を続けるためにも泳ぎ続けなければならず、泳ぐのを止めてしまうと呼吸もできなくなってしまうので、結果として死んでしまうということですね。

カジキマグロは実はマグロじゃない

マグロといっても「クロマグロ」「メバチマグロ」「キハダマグロ」「カジキマグロ」など様々な種類のマグロがいますよね。
しかし、実はこの中で「カジキマグロ」だけはマグロではないんです。

「マグロ」という名前がついているのになぜ「カジキマグロ」がマグロではないのかというと、カジキマグロはメカジキ科マカジキ科の魚であり、サバ科のマグロとは全く違う種類の魚なんです。
それではなぜ「マグロ」と名付けられたのかというと、マグロとカジキは生息域が似ている事から、一緒に水揚げされることが多く、さらに口先を切り落とした状態のカジキマグロの姿がマグロにそっくりだったからなんですね。

更に「カジキ」という名前で売り出すよりも、知名度の高い「マグロ」という名前で売り出した方がよく売れると考えられたため「カジキマグロ」と命名されることになったのでした。
以上がマグロの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月10日)
マグロの日
缶詰の日
銭湯の日

■明日は何の日?(10月11日)
安全・安心なまちづくりの日
ウィンクの日

■昨日は何の日?(10月9日)
体育の日
世界郵便デー
トラックの日
アメリカンドッグの日

スポンサーリンク

フォローする