10月14日は鉄道の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

鉄道の日今日は何の日
10月14日の「今日は何の日?」は「鉄道の日」です。
また「鉄道の日」にちなんで「新幹線には15秒ルールが存在する」「電車の運転席が左側にある理由」など電車にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月14日は鉄道の日

今回は「鉄道の日」について解説していきます!
なぜ10月14日が「鉄道の日」なのかというと、1872(明治5)年9月12日(新暦10月14日)に新橋駅(後の汐留貨物駅・現在廃止)~横浜駅(現在の根岸線桜木町駅)を結んだ日本初の鉄道が開業したことが由来となっています。

元々は「鉄道の日」という記念日ではなく1922(大正11)年に「鉄道記念日」として制定されました。
しかし「鉄道記念日」のままでは国鉄色が強いという理由から、1994(平成6)年に運輸省(現在の国土交通省)の提案により「鉄道の日」と改称し、JR以外の民間鉄道も巻き込んだ記念日となりました。

国土交通省によるとこの日「鉄道が国民に広く愛され、その役割についての理解と関心がより深めること」ということを目的とした記念日としています。
「鉄道の日委員会」という鉄道事業者や国などからなる団体があり、この日には鉄道に関する様々な行事が全国各地で実施されています。

現在は鉄道でかなりの長距離を移動する事が出来て、日本国民にとっては欠かせない交通手段となっている鉄道ですが、開通した当初の鉄道の距離は28キロしかなかったそうです。
150年でほぼ全国のどこへでも行けるように鉄道が延伸されたのは凄いことですよね。

スポンサーリンク

電車の雑学

今回は「鉄道の日」にちなんで「電車の雑学」を紹介します。

新幹線には15秒ルールが存在する

例えば食べ物を落としてしまった時に3秒以内であれば食べても良いという謎のルールである「3秒ルール」なんてものが世の中には存在していますよね。
これと同様に新幹線にも「15秒ルール」というものが存在しているそうなんです。

日本の電車に関してはかなり正確に時刻表通りに運航していますが、新幹線に関しては発車のタイミングが15秒単位で設定されているのです。
例えば時刻表に「12時00分」と記載されていたとしても、12時00分00秒に出発することもあれば、12時00分15秒や12時00分30秒といったタイミングで発車することがあるそうです。

そのため、新幹線の乗車に間に合わなそうな時でも、もしかしたら15秒ルールの影響で遅れて出発することがあることから、12時00分45秒などにぎりぎりで新幹線に乗り越める事もあるそうです。

電車の運転席が左側にある理由

日本で走る車のほとんどは外車でもない限り運転席は右側についていますよね。
しかし電車の運転席は何故か左側についています。

その理由としては諸説ありますが、日本の鉄道はイギリスからそのシステムなどを導入した為、その影響で左側になったと言われています。
プラットホームが左側に設置されたことから左側が運転席の方が都合が良かったようですが、昭和初期までは運転席は左右中央と電車によって混在していました。

しかし、戦後に信号機や標識は左側に建植するという法令が定められたのと同時に、運転席も左側に統一されました。
ちなみに運転席を左側に設置しなければならないという法令や規定は存在しないようです。

現在でも小規模な路線などでは右側や中央に運転席が設置されているところもあるようです。
以上が電車の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月14日)
鉄道の日
焼きうどんの日

■明日は何の日?(10月15日)
世界手洗いの日
たすけあいの日
きのこの日

■昨日は何の日?(10月13日)
サツマイモの日
豆の日
引越しの日

スポンサーリンク

フォローする