10月14日は焼きうどんの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

焼きうどんの日今日は何の日
10月14日の「今日は何の日?」は「焼きうどんの日」です。

スポンサーリンク



10月14日は焼きうどんの日

今回は「焼きうどんの日」について解説していきます!
なぜ10月14日が「焼きうどんの日」なのかというと、2002年10月14日に「焼うどんバトル特別編~天下分け麺の戦い~」というイベントが開催されたことが由来となっています。

「焼うどんバトル特別編~天下分け麺の戦い~」とは静岡県富士宮市の名物である「富士宮焼きそば」と北九州市を代表する「小倉焼きうどん」が勝負するイベントであり、小倉城公園で開催されたそうです。
メディアの注目度も高く、これがきっかけとなって北九州市の小倉焼うどんが全国的に注目を浴びることになりました。

「焼きうどんの日」については小倉焼うどん研究所によって制定された記念日となります。
小倉焼うどん研究所は普段からまちおこしの活動をしており、この日についても「小倉の焼うどんを全国に広め、その歴史、地域に根ざした食文化を理解してもらう」ということを目的とした記念日となっています。

焼きうどんというものは手軽に作れて安価であることから庶民の味方の料理であり、昼ごはんなどに食べられることが多いですよね。
小倉の焼きうどんも今となってはご当地グルメとして有名になっていますので、福岡県に訪れた際にはぜひ小倉の焼きうどんを食べてみてくださいね。

スポンサーリンク



うどんの雑学

今回は「焼きうどんの日」にちなんで「うどんの雑学」を紹介します。

きつねうどんのきつねの由来

うどんにも様々な種類の食べ方もあり、とてもメニューが豊富なのが魅力的ですよね。
うどんの代表メニューの中でも「きつねうどん」というメニューが存在していますが、そもそもきつねうどんの「きつね」って何だろう?と考えたことはありませんか?

きつねうどんは油揚げが乗っているうどんのことですが、これがきつねうどんと呼ばれるようになったのは諸説あるそうです。
あまりイメージが無いと思いますが、きつねの好物が油揚げが好きだからという説が存在しています。

昔の日本では農業を行う上できつねは有益な動物とされていて、神様のように祭られていたのですが、お供えものをしたところきつねが油揚げを好んで食べていたとされています。
これ以降「油揚げ=きつね」となっていったわけですね。

また、うどんの上に乗っている油揚げが、きつねがうずくまって寝ている姿に似ている事から「きつね」と呼ばれるようになった説も存在しています。

たぬきうどんのたぬきの由来

続いてはたぬきうどんの「たぬき」の由来についてです。
一般的には揚げ玉(天カス」しかのせられていないものの事を「たぬき」といいますが、実は「たぬき」の由来は諸説あって、はっきりした由来がわかっていないのです。

有力な説としては「種(具材)」を抜いていることから、「種(具材)を抜く=たぬき」となったという説があります。
その他にも、種がのっていないたぬきうどんやたぬきそばを食べると、「狸に化かされた気分になる」ということから「たぬき」と呼ばれるようになった説もあります。

また、たぬきそばやたぬきうどんといった食べ物が登場するずっと前から、既にきつねそばやきつねうどんがあったため、「きつね」と対となる言葉として「たぬき」が選ばれたという説があります。
更に、関西地方ではそばよりもうどんが好まれていたのですが、それまで食べられていたうどんが、そばの登場によってそばに化けたことから「たぬき」となったともされています。

以上がうどんの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(10月14日)
鉄道の日
焼きうどんの日

■明日は何の日?(10月15日)
世界手洗いの日
たすけあいの日
きのこの日

■昨日は何の日?(10月13日)
サツマイモの日
豆の日
引越しの日

スポンサーリンク



フォローする