10月15日はきのこの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

きのこの日今日は何の日
10月15日の「今日は何の日?」は「きのこの日」です。
また「きのこの日」にちなんで「松茸は海外では嫌われている」「茶碗蒸しに舞茸を入れてはいけない」などきのこにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月15日はきのこの日

今回は「きのこの日」について解説していきます!
なぜ10月15日が「きのこの日」なのかというと、10月はきのこ類の需要が高まる月であることが由来となっています。

「きのこの日」については日本特用林産振興会によって1995(平成7)年5月の総会で制定された記念日となります。
日本特用林産振興会によるとこの日を「10月の真ん中の15日を中心に椎茸を始めとするきのこ類の消費PRを行う」ということを目的とした記念日としています。

「食欲の秋」という事もあってこの時期には美味しいものをたくさん食べたくなりますよね。
残暑も終わりを迎えて食欲が戻ってくる時期でもあることと、そもそも秋には人間の食欲が増すという事が科学的にも証明されているそうです。

秋には旬を迎えるきのこも多く、この時期にはきのこを買って食べるという人も多いのではないでしょうか。
特に松茸を使った料理などを贅沢に食べてみたくなりますよね。

実は松茸については日本人にとって馴染みが深いものであり、古来から愛されてきた食材で、万葉集には松茸に関する短歌も残っているそうです。
皆さんもぜひ「きのこの日」には美味しいきのこを買って食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

きのこの雑学

今回は「きのこの日」にちなんで「きのこの雑学」を紹介します。

松茸は海外では嫌われている

松茸は日本では高級食材として古くから愛されていますよね。
その独特の風味がたまらなく好きという人も多く、国産の松茸ともなると一本で数万円という値がつくこともあります。

しかし、これだけ松茸を愛してやまず好んで食べているのは日本人ぐらいで、実は海外では松茸は嫌われているって知っていましたか?
日本には魚を生で食べたり、卵を生で食べたり、納豆を食べるなどの独特な食文化があり、これらがあまり海外で受け入れられていないように、実は松茸についても日本独自の食文化なんです。

なぜ海外では松茸が嫌われているのかというと、日本人にとっては松茸がいい香りだと思っていても、外国人からすると松茸はかなり臭いものなんです。
外国人にとっては松茸の香りは「靴を履き続けた後のむれた足の臭い」であったり「風呂にずっと入っていない時の臭い」などと揶揄されているのです。

同じ人間のはずなのに住んでいる国が違うだけでここまで味覚や嗅覚に差があるというのはなかなか面白いですよね。

茶碗蒸しに舞茸を入れてはいけない

和食の代表でもある茶碗蒸しですが、食材についても和食を代表するものがたくさん入っていて、出汁の味も実に和食らしくておいしいですよね。
家庭や店によって茶碗蒸しに入れる食材は変わってきますが、実は茶碗蒸しに入れてはいけない食材があるんです。

その茶碗蒸しに入れてはいけない食材は意外にも「舞茸」なんです。
茶碗蒸しときのこ類の相性は良さそうですし、味が不味くなるから舞茸を入れてはいけないということではありません。

実は茶碗蒸しに舞茸を入れてしまうと、茶碗蒸しが固まらなくなってしまうのです。
舞茸にはプロアテーゼという酵素が含まれているのですが、卵を固めるためのオボアルブミンというたんぱく質を分解する作用を持っているため、茶碗蒸しが固まらなくなってしまい、ドロドロになって失敗してしまうのでした。

以上がきのこの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月15日)
世界手洗いの日
たすけあいの日
きのこの日

■明日は何の日?(10月16日)
世界食糧デー
ボスの日

■昨日は何の日?(10月14日)
鉄道の日
焼きうどんの日

スポンサーリンク

フォローする