化石の日の由来と面白い雑学、10月15日の今日は何の日?

化石の日今日は何の日
10月15日の「今日は何の日?」は「化石の日」です。
また「化石の日」にちなんで「化石が何年前の物かどうやって判断している?」「化石から生き物の色は判断できる?」など化石にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日...

10月15日は化石の日

今回は「化石の日」について解説していきます!
なぜ10月15日が「化石の日」なのかというと、1904年10月15日にNipponites mirabilis(ニッポニテス・ミラビリス)という化石が発見されたことが由来となっています。

ニッポニテス・ミラビリスというとわかりづらいかもしれませんが、わかりやすくいえば日本を代表する化石でアンモナイトの一種ですね。
「化石の日」については日本古生物学会によって制定された記念日となります。

日本古生物学会によるとこの日は「より多くの人に化石や古生物学に関心を持ってもらう」ということを目的とした記念日となっています。
実は日本にも化石の発掘スポットはいくつかあり、過去には恐竜の化石が見つかったこともあったそうです。

化石というとかなり貴重なものに思えるかもしれませんが、手軽に化石の発掘体験が出来るような施設もあります。
アンモナイトなどは化石の中でもかなり見つかりやすいそうなので、「化石の日」をきっかけにして化石発掘を趣味にしてみるのはいかがでしょうか。


化石の雑学

化石の日今日は何の日
今回は「化石の日」にちなんで「化石が何年前の物かどうやって判断している?」「化石から生き物の色は判断できる?」など化石にまつわる面白い雑学を紹介します。

化石が何年前の物かどうやって判断している?

珍しい化石などが発見された時には「○○億年前の化石」などと報道されることがありますよね。
しかし、もちろん何億年前に人間が生きている訳でもなく、当時の資料がないのになぜどれぐらい前のものか判断できるのか不思議ですよね。

実際、昔は何年前の化石かを調べることが難しかったそうですが、革新的な方法が見つかってからは簡単に判別できるようになりました。
岩石に含まれる「ウラン、カリウム、ストロンチウム」などの放射性元素は、とある時期を境にして別の元素に変わる性質があるそうです。

例えば、放射性カリウムであれば約22億年の時間でその半分がアルゴンへと変化する性質を持っています。
このことから、放射性カリウムとアルゴンの質量を図ることにより、大体何年前の化石なのか判別できるようになりました。


化石から生き物の色は判断できる?

化石の発掘技術の向上や研究がすすめられていることにより、古代生物の生態や骨格は大体わかるようになってきました。
図鑑などを見ると様々な古代生物が掲載されていますが、実は全て研究者の想像によって色が決められているそうなんです。

つまり、化石から過去に生きていたころの肌の色を確実に判断する技術は、現状ではないそうです。
人間などもそうですが肌の色はメラニンと呼ばれる色素によって決まっています。

しかし、化石からみつかるものは骨ですし、骨しかないとメラニン色素が残っていない状態です。
そのため、恐竜図鑑などでは見る図鑑によって同じ恐竜でも彩色が異なっていることもあるようです。

以上が化石の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日...

■今日は何の日?(10月15日)
世界手洗いの日
たすけあいの日
きのこの日
化石の日
お菓子の日
中華の日

■明日は何の日?(10月16日)
世界食糧デー
ボスの日
グリーンリボンDAY
エコの日
トロの日

■昨日は何の日?(10月14日)
鉄道の日
焼きうどんの日
くまのプーさん原作デビューの日
ひよこの日