10月16日はボスの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ボスの日今日は何の日
10月16日の「今日は何の日?」は「ボスの日」です。
また「ボスの日」にちなんで「上司に気に入られる簡単な方法」「部下から好かれるのはどんな上司?」など上司にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月16日はボスの日

今回は「ボスの日」について解説していきます!
なぜ10月16日が「ボスの日」なのかというと、アメリカのパトリシア・ベイ・ハロキスさんが、会社を経営していた父の為に1958年に提唱し、アメリカ商業会議所に登録したことが由来となっています。

「ボスの日」については「経営者と部下の関係を円滑にするための日」とされていて、アメリカではボスを昼食に招待したりプレゼントを贈ったりする習慣があるそうです。
日本では1988(昭和63)年からデパート業界で「ボスの日」が実施されています。

社会人になると身に染みてわかりますが、職場での人間関係はとても重要ですよね。
信頼関係が築けていると仕事も円滑に進みますし、逆に人間関係にトラブルが生じていると仕事もし辛く、かなり仕事の効率も落ちてしまいます。

実際に職場で先輩や上司との信頼関係が築けずに人間関係に悩んで仕事を止めてしまうという人もとても多いそうです。
せっかく仕事をするのであれば、信頼できる上司のもとでやる気を出して働いていきたいですよね。

「ボスの日」には上司との円滑な関係を築くためにも話を積極的に振ってみたり、または仕事を積極的に引き受けるなど何かアクションを起こしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

上司の雑学

今回は「ボスの日」にちなんで「上司の雑学」を紹介します。

上司に気に入られる簡単な方法

職場で上司との円満な関係を築くための簡単な方法を紹介します。
まずは基本的には上司と話す際には「笑顔で接する」という事を心掛けてください。

やはり無愛想な顔をしているより笑顔で話している方が上司としても「この部下は自分を信頼している」と感じられますし、接しやすくなりますよね。
また、上司が話をしている際には適度に頷いたり相づちをうったりして相手の話をきちんと聞くようにしましょう。

自分が話していてもそうですが、相手がしっかりと自分の話を聞いてくれているとうれしくなりますし、好印象を与えることが出来ます。
途中で相手の話を遮るような質問などをするのはやめて、最後まで話を聞くとなお好印象が得られます。

この二つの方法を実践するだけで簡単に上司との円満な関係が築けるので、ぜひ試してみてくださいね。

部下から好かれるのはどんな上司?

仕事となると上下関係が必ずしも発生してしまいますが、上に立つものとしては、なるべくなら部下とは信頼関係を築いて仕事をしたいものです。
そんな部下から好かれる上司になるにはどうすれば良いのかを見ていきましょう。

まず、部下は「報・連・相」を実行するにも、聞く耳を持たない上司だと話しかけにくいのです。
逆に話しやすい、相談しやすい上司の方が、部下と上司の間で連携が取りやすくなり仕事もスムーズに行えます。

また自ら休みを積極的に取る上司は部下からの憧れにもなります。
上司が休みをとれば部下も休みを取りやすくなりますし、仕事だけではなくプライベートも充実させている姿に、部下は将来の自分を重ねるのです。

その他にも、小さなことでも褒めてくれる・人前で怒らない、などということがあげられます。
上に立つ立場の方々は自分が新人だった頃にどうして欲しかったかを今一度思い返してみると良いかもしれませんね。

以上が上司の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月16日)
世界食糧デー
ボスの日

■明日は何の日?(10月17日)
貯蓄の日
カラオケ文化の日

■昨日は何の日?(10月15日)
世界手洗いの日
たすけあいの日
きのこの日

スポンサーリンク

フォローする