10月17日は貯蓄の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

貯蓄の日今日は何の日
10月17日の「今日は何の日?」は「貯蓄の日」です。
また「貯蓄の日」にちなんで「使えなくなった1万円札はどう処分する?」「銀行の金庫にはどれぐらいのお金が眠っているの?」などお金にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月17日は貯蓄の日

今回は「貯蓄の日」について解説していきます!
なぜ10月17日が「貯蓄の日」なのかというと、10月17日が神嘗祭(かんなめさい)が開催される日であることが由来となっています。

神嘗祭とは宮中行事であり、天皇がその年の新米を伊勢神宮に供える祭事となっていて、お金が勤労の収穫であるということから、お金を大切にする日だとされています。
「貯蓄の日」については日本銀行貯蓄増強中央委員会(現在の金融広報中央委員会)が1952(昭和27)年に発足された際に制定され、翌年から実施されている記念日となります。

2017年現在では長年の不況に悩まされている人は多く、将来の不安から消費が抑制され、お金を貯蓄にまわしているという人がかなり増えていますよね。
とあるアンケートによると、ボーナスや給料が支払われたとしても娯楽に使うのではなく、貯蓄にあてると答える人が大多数を占めていて、現代ではいかに貯蓄を増やしておくことが重要視されているかがわかりますよね。

貯蓄をすることはとても大切なことだとは思いますが、全員が貯蓄する事を考えてしまうと日本の経済が回らなくなってしまいますので、適度な消費活動をしつつ貯蓄も出来るという経済状況になってほしいですよね。

スポンサーリンク

お金の雑学

今回は「貯蓄の日」にちなんで「お金の雑学」を紹介します。

使えなくなった1万円札はどう処分する?

実はお金にも寿命があるということを知っていましたか?
1万円札については寿命は4~5年ほどとなっていて、千円札や五千円札の寿命が1~2年なのに比べて長くなっています。

これは千円札や五千円札に比べて1万円札の使用頻度が低いからなのですが、そもそも使えなくなってしまった1万円札がどのように処分されるかを知っていますか?
実はヨレヨレになって使えなくなってしまった1万円札については、日本銀行の地下施設で廃棄処分にされているんです。

1万円札を処分する順序としては、まずは1万円札の真ん中に大きな穴が3つ開けられるそうで、この穴が空いていることによって1万円札が無効になったということを表します。
その後はパルパーという巨大な装置の中で液体のようになるまで溶かされて、脱水機にかけた後に残ったカスが回収されます。

その余ったカスについては再生紙の原料として使われますが、品質はとても悪く段ボールや卵ケースの中に敷いてある紙ぐらいしか使い道がないそうです。

銀行の金庫にはどれぐらいのお金が眠っているの?

銀行強盗というものが存在するぐらいですから、銀行には大量のお金がたくさん眠っていそうですよね。
それでは、実際に銀行にはどれぐらいのお金が眠っているのでしょうか。

実は普通の銀行の支店には一億円もないところが多いといわれています。
本店などの大きな銀行にならたくさんのお金が用意されているそうですが、給料日やボーナスの日といった特別にお金の出し入れが多い日以外にはたくさんのお金を置かないようにしているんですね。

銀行によってはまとめて大きなお金を下ろす場合には、事前に連絡をしておかないとその金額を下ろせないこともあるそうです。
また、一か所の銀行に大量のお金が集中してしまうと、銀行強盗などに狙われた時のリスクが高くなってしまいますよね。

以上がお金の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月17日)
貯蓄の日
カラオケ文化の日

■明日は何の日?(10月18日)
統計の日
冷凍食品の日
ドライバーの日

■昨日は何の日?(10月16日)
世界食糧デー
ボスの日

スポンサーリンク

フォローする