10月17日はカラオケ文化の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

カラオケ文化の日今日は何の日
10月17日の「今日は何の日?」は「カラオケ文化の日」です。
また「カラオケ文化の日」にちなんで「カラオケという言葉の由来」「カラオケの映像が古い理由」などカラオケにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月22日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月17日はカラオケ文化の日

今回は「カラオケ文化の日」について解説していきます!
なぜ10月17日が「カラオケ文化の日」なのかというと、1994年10月17日に全国カラオケ事業者協会が設立されたことが由来となっています。

全国カラオケ事業者協会についてはカラオケ機器の販売及びリースに係わる事業者の全国協議機関であり、「カラオケ文化の日」についても全国カラオケ事業者協会によって制定された記念日となります。
全国カラオケ事業者協会によるとこの日を「カラオケを通じた文化活動の支援や文化交流を行い、その普及を図る」ということを目的とした記念日としています。

カラオケの発祥は日本であり、カラオケが誕生して以来大衆の娯楽として今まで楽しまれてきましたよね。
値段も安く長時間楽しめることから学生にも人気になっていますし、平日の昼間にはご年配の方が利用している事もあります。

更に「一人カラオケ」というものもブームになっていて、ストレスを発散するのにも効果的であるため、一人で足しげくカラオケに通うという人までいます。
最近のカラオケは昔のカラオケと比べて更に進化していて、精密に自分の歌声の評価や採点をしてくれたり、全国の人と歌の点数で競う事も出来るようになっていますよね。

カラオケが苦手という人もぜひ「カラオケ文化の日」にカラオケに挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク

カラオケの雑学

今回は「カラオケ文化の日」にちなんで「カラオケの雑学」を紹介します。

カラオケという言葉の由来

日本人にとってすっかりとお馴染みの娯楽となった「カラオケ」ですが、皆さんはそもそも「カラオケ」という言葉の由来を知っていますか?
普段から意識せずに当たり前のように「カラオケ」という言葉を使っていますが、この言葉の由来を知っている人って意外と少ないんですよね。

実は「カラオケ」という言葉は「歌が空のオーケストラ」という言葉が省略されて出来た言葉なんです。
元々はバンドマンなどの音楽活動を行っている人が使っていた俗語であり、「空オケで練習する」というようにボーカル抜きで練習をすることを指す言葉でした。

1970年代には誰でも歌いやすいように歌の入っていない音楽が登場するようになり、これが現在のカラオケの原型になったともいわれています。

カラオケの映像が古い理由

カラオケの曲が始まると、同時に画面にはちょっと古くさい映像が流れてきますよね。
曲にマッチしているようなしていないような…そんな場合もよくあります。

実はあの映像は曲ごとには制作されておらず、お店にあるバック映像用のディスクの中から選ばれて流れているのです。
映像のデータは容量が大きいため、本人映像など特殊な場合以外のバック映像は配信されてきません。

その為、お店のバック映像用のディスクが新しくならない限りあの映像は古いままです。
また、バックの映像を新しくするのに全て撮り直すとなると莫大なお金と時間がかかってしまうため現実的ではありません。

最近では本人映像が売りのものもありますが、著作権等の様々な関係で全ての楽曲に本人映像を割り当てることも難しいようです。
これから時代が流れていくにつれて、カラオケ映像の古さが際立っていきそうですね。

以上がカラオケの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月17日)
貯蓄の日
カラオケ文化の日

■明日は何の日?(10月18日)
統計の日
冷凍食品の日
ドライバーの日

■昨日は何の日?(10月16日)
世界食糧デー
ボスの日

スポンサーリンク

フォローする