10月18日は冷凍食品の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

冷凍食品の日今日は何の日
10月18日の「今日は何の日?」は「冷凍食品の日」です。
また「冷凍食品の日」にちなんで「アイスに無いのに冷凍食品に賞味期限がある理由」「ガリガリ君が当たる確率」など冷凍食品にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月18日は冷凍食品の日

今回は「冷凍食品の日」について解説していきます!
なぜ10月18日が「冷凍食品の日」なのかというと、10月は冷凍の「とう(10)」であり、18日は国際的に-18℃以下に保てば冷凍食品の品質を1年間維持できるとされていることが由来となっています。

「冷凍食品の日」については日本冷凍食品協会によって1986(昭和61)年に制定された記念日となります。
日本冷凍食品協会によるとこの日を「食欲の秋でもあることから、冷凍食品の販売促進をする」ということを目的とした記念日としており、この日には冷凍食品のPRなどが行われているそうです。

最近では冷凍食品の製造技術がかなり発達していて、手料理にも劣らない美味しく手軽な冷凍食品が増えていますよね。
大手のコンビニなどでは独自にオリジナルの冷凍食品などを販売していますし、昔は手抜きのように考えられていた冷凍食品も最近ではなかなか侮れないものとなりました。

値段も決して高くない事から高い弁当を買うよりも安くてたくさん食べられる冷凍食品を食べるという人も多いのではないでしょうか。
普段あまり冷凍食品を食べないという人もきっと美味しさに驚くと思いますので「冷凍食品の日」にはぜひ冷凍食品を買って食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

冷凍食品の雑学

今回は「冷凍食品の日」にちなんで「冷凍食品の雑学」を紹介します。

アイスに無いのに冷凍食品に賞味期限がある理由

賞味期限のないものとしてアイスクリームがあげられますが、何故か冷凍食品には賞味期限がありますよね。
同じ冷凍庫で同じ温度で凍らせて保存をしておくのになぜ冷凍食品にだけ賞味期限があるのでしょうか。

アイスクリームに関しては温度の影響が受けやすい食べ物になりますが、逆に温度管理さえしっかりしていれば何年でも品質が変わらずにおいしく食べられるそうです。
このように、アイスクリームは適切な保存環境であれば品質を保持できることから賞味期限を表示していないのです。

しかし、冷凍食品については例え-18度以下で適切に保存していたとしても、油が酸化してしまうなど冷凍焼けが起きてしまい、品質に変化が起こってしまうのです。
品質が保持できない以上は賞味期限をつける必要があり、そのためアイスクリームには賞味期限が無く、冷凍食品には賞味期限が存在しているのでした。

ガリガリ君が当たる確率

ガリガリ君と言えば、日本のアイスの代表格とも言える存在ですよね。
何と言っても当たりが入っているかもしれないと思うと、何となく他のアイスより少しお得な気分になれます。

そのガリガリ君にはきちんと当たりの確率が存在していて、「約3%」だそうです。
“約”というのも、ガリガリ君を箱で買うと32本入りでそのうちの1本に必ず当たりが入っているため確率は3%ちょっとということになります。

またガリガリ君リッチの方は少々当たりにくく、「2%」となっています。
ぜひリッチの方の当たりを引いてみたいものですね。

ちなみに当たりが出たら、当たり棒を持って購入した店舗に行くと引き換えてくれます。
基本的にはレシートなどは特に必要ないそうです。

以上が冷凍食品の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月18日)
統計の日
冷凍食品の日
ドライバーの日

■明日は何の日?(10月19日)
バーゲンの日
海外旅行の日

■昨日は何の日?(10月17日)
貯蓄の日
カラオケ文化の日

スポンサーリンク



フォローする