10月18日はドライバーの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ドライバーの日今日は何の日
10月18日の「今日は何の日?」は「ドライバーの日」です。
また「ドライバーの日」にちなんで「高速のサービスエリアの設置距離は決まっている」「実は個人でも消防車を買う事が出来る」など車にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月22日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月18日はドライバーの日

今回は「ドライバーの日」について解説していきます!
なぜ10月18日が「ドライバーの日」なのかというと、10月18日という日付が「ド(10)ライ(1)バー(8)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「ドライバーの日」については物流産業新聞社によって制定された記念日となります。
物流産業新聞社によるとこの日を「トラック・バス・タクシーなどのあらゆるプロドライバーに感謝するとともに、プロドライバーの地位向上を目指す日」としています。

バスやタクシーについては日本人にとっては欠かせない交通手段になっていますし、トラックも日本の物流を支えるのには欠かせない存在ですよね。
しかし、現在ではこうした職種のプロドライバーの長時間勤務が問題視されていますよね。

勤務時間が長い上にあまりに賃金が安いことも問題ですが、疲労が溜まりすぎて事故が発生してしまう事もかなりの問題となっています。
2017年現在の運送業界では荷物の配達時間を短くしたり、再配達を有料化するなどの対応をして、少しでも配達員の負担を減らすような対応がようやく検討され始めています。

こうした働きかけが色々な業界に広まる事によって、日本の労働環境が少しでも良い方向へ向かうといいですよね。

スポンサーリンク

車の雑学

今回は「ドライバーの日」にちなんで「車の雑学」を紹介します。

高速のサービスエリアの設置距離は決まっている

車を使って遠くへ旅行へ行く時の楽しみと言えば高速のサービスエリアですよね。
その土地のご当地グルメが食べられたり、長時間の運転で疲れた体を癒すことが出来ますし、トイレに行きたくて我慢していた場合にもサービスエリアの存在には本当に助けられますよね。

そんなサービスエリアですが、実はサービスエリアが設置されている距離はある程度決まりがあるって知っていましたか?
実はサービスエリアについては50キロメートルを目安に設置されているのです。

そのため、万が一サービスエリアを通りすぎてしまったとしても、渋滞していない限りは数十分運転を続ければ次のサービスエリアが必ず見えてきます。
パーキングエリアについては15キロメートルを目安に設置されていますので、強烈な眠気に襲われたり体調が悪くなった場合には休憩を取るように心掛けてください。

実は個人でも消防車を買う事が出来る

火事など緊急事態になると颯爽と現場へと向かう救急車ですが、一度はあの救急車を運転して街中を走ってみたいと思ったことはありませんか?
そんな人に朗報ですが、実は消防車は個人で購入する事が出来て、しかも観賞用ではなく実際に公道で運転することもできるのです。

しかし本当の緊急事態の時にややこしくなってしまうことから、警告灯やサイレンなどを装着することは出来ないそうです。
更に、大型免許を取得しなければ運転することが出来ない事と、大型車のナンバー登録や特殊車両としての手続きなどをしなければならない事から、いざ乗るとなるとややハードルが高いです。

それでも夢の消防車を運転したいという人は是非ともお金を貯めて免許を取得して消防車を購入してみてくださいね。
以上が車の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月18日)
統計の日
冷凍食品の日
ドライバーの日

■明日は何の日?(10月19日)
バーゲンの日
海外旅行の日

■昨日は何の日?(10月17日)
貯蓄の日
カラオケ文化の日

スポンサーリンク

フォローする