10月19日はバーゲンの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

バーゲンの日今日は何の日
10月19日の「今日は何の日?」は「バーゲンの日」です。

スポンサーリンク



10月19日はバーゲンの日

今回は「バーゲンの日」について解説していきます!
なぜ10月19日が「バーゲンの日」なのかというと、1885(明治28)年10月19日に日本初の本格的なバーゲンセールを東京の呉服店が開催したことが由来となっています。

しかし、1923(大正12)年8月5日に東京の日本橋にある三越デパートが行ったバーゲンセールが日本初のものとしている説もあるため、日本初のバーゲンセールについては諸説あります。
服を安売りするようなイベント自体は江戸時代のころから存在していたとされています。

バーゲンの日に関してですが、色々と情報を調べてみましたが、誰が何のために、いつごろに制定した記念日なのか、そういった情報が一切見つかりませんでした。
「バーゲンの日」の情報を何か知っている方がいましたら、ぜひご一報ください。

欲しい品物を少しでも安く買いたいという思いからバーゲンセールに参加する方も多いのではないでしょうか。
特に季節の変わり目であったり、新しいモデルの商品が発売される時や、ボーナスが支給されるシーズンにはバーゲンセールが開かれやすい傾向があります。

思わぬ掘り出し物が見つかる場合もありますし、なんとなく買い物に出かけてバーゲンセールを行っているお店をブラブラするのも楽しいものですよね。

スポンサーリンク



買い物の雑学

今回は「バーゲンの日」にちなんで「買い物の雑学」を紹介します。

バーゲンとクリアランスの違い

品物が安売りされるセールには色々な種類のものがあり、時には「バーゲンセール」という言葉が使われたり「クリアランスセール」といった言葉が使われる事もありますよね。
この「バーゲン」と「クリアランス」の違いは何なのでしょうか?

まずはバーゲンセールについてですが、「バーゲン」という単語には商品の安売りや特売、掘り出し物といった意味があります。
つまり、簡単にいえば特に条件のない安売りセールということになります。

それに比べてクリアランスセールの「クリアランス」には「在庫の一斉処分」という意味があります。
クリアランスセールについては店が抱えている在庫を早く売りたいがために、安く販売するセールのことなんですね。

スーパーの商品配置はほぼ決まっている

スーパーに行くとどうしてだかどの店舗でも同じような商品の配置になっていますよね。
その為、「だいたいこの商品はこの辺りか」と見当もつけやすくて有難いのですが、スーパーがあの商品配置になるのには理由がありました。

まずお店の入り口付近には野菜コーナーがあります。
野菜を入り口付近に配置することで彩がよく季節感も出る為、スーパーの見栄えを良くする効果があります。

そして奥の方にはお肉やお魚のコーナーですよね。
温度管理が大事なお肉やお魚は、入り口付近に配置してしまうと外気の影響を受けてしまうのでお店の奥の方にあります。

また乳製品も奥の方に置かれることが多いです。
買い物に来たお客さんのほとんどは乳製品を買う為、奥に配置すると店舗全体を回って他の商品を手に取ってもらいやすくなるのです。

彩であったり、温度であったり、はたまた戦略であったり…様々な事柄を考慮した結果があの配置だったのですね。
以上が買い物の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(10月19日)
バーゲンの日
海外旅行の日

■明日は何の日?(10月20日)
リサイクルの日
新聞広告の日

■昨日は何の日?(10月18日)
統計の日
冷凍食品の日
ドライバーの日

スポンサーリンク



フォローする