10月20日はリサイクルの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

リサイクルの日今日は何の日
10月20日の「今日は何の日?」は「リサイクルの日」です。
また「リサイクルの日」にちなんで「宇宙ではおしっこがリサイクルされている」「スチール缶とアルミ缶に分けられている理由」などリサイクルにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月20日はリサイクルの日

今回は「リサイクルの日」について解説していきます!
なぜ10月20日が「リサイクルの日」なのかというと、10月20日という日付が「ひとまわり(10)、ふたまわり(20)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「リサイクルの日」については日本リサイクルネットワーク会議によって1990(平成2)年に制定されました。
また、この記念日が発展して、通商産業省(現在の経済産業省)ほか8省庁が10月を「リサイクル推進月間」(現在のリデュース・リユース・リサイクル推進月間)としています。

この「リサイクル推進月間」の期間中には「リデュース・リユース・リサイクル」と呼ばれるいわゆる3Rの推進に対する理解と協力を国民へと求めています。
また、3Rに関する普及啓発活動なども実施されているそうです。

実は日本のリサイクルの歴史はとても古く、なんと江戸時代のころからリサイクル活動が行われていたそうなんです。
その中でも有名なのが「浅草紙」と呼ばれるもので、古い紙を細かくしたあとに釜で茹でてドロドロにし、それを再度紙状にして直して使われていました。

浅草紙以外にも様々なリサイクル用品があったそうで、日本人のリサイクルへの意識の高さには驚いてしまいますよね。

スポンサーリンク

リサイクルの雑学

今回は「リサイクルの日」にちなんで「リサイクルの雑学」を紹介します。

スチール缶とアルミ缶に分けられている理由

リサイクルが当たり前に行われるようになった世の中では、アルミ缶やスチール缶を分別して回収している地域も増えていますよね。
なぜアルミ缶やスチール缶のように缶の種類がいくつもあるか知っていましたか?

実は缶の中身によっては缶の材質を変えなければいけないからなんです。
コーヒーや紅茶などの飲料については菌が繁殖しやすいため、高圧や高熱にかけることによって殺菌をする必要があります。

そのため、高熱や高圧に耐えられるように丈夫である必要があるため、スチール缶が採用されているのです。
逆にアルミ缶に入っているジュースなどについては殺菌の必要がなく、炭酸によって缶の内部からつねに一定の圧力がかかっているため、やわらかいアルミを使っても変形しにくいんですね。

宇宙ではおしっこがリサイクルされている

リサイクル活動は実は宇宙でも行われていて、なんと宇宙ではおしっこでさえリサイクルされているのです。
昔は宇宙ではおしっこは宇宙へと捨てられていたそうなんですが、科学技術が発展したことから、なんとおしっこを飲料水へとリサイクルしているそうです。

人間一人が一日で必要な水分は2リットルほどですが、宇宙では水がとても貴重な資源であり、宇宙へと水を運ぶとなるとコップ1杯の水がなんと30万円もかかってしまうのです。
そこで登場したのが「水再生装置」と呼ばれるもので、この装置を使っておしっこをろ過する事により、おしっこを飲み水として再利用しているんですね。

この再利用された水は自分自身のおしっこではなく、乗組員全員分のおしっこが混ぜられたものから作られているそうです。
以上がリサイクルの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月20日)
リサイクルの日
新聞広告の日

■明日は何の日?(10月21日)
あかりの日

■昨日は何の日?(10月19日)
バーゲンの日
海外旅行の日

スポンサーリンク

フォローする