10月20日は新聞広告の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

新聞広告の日今日は何の日
10月20日の「今日は何の日?」は「新聞広告の日」です。
また「新聞広告の日」にちなんで「新聞の端がギザギザである理由」「新聞の元祖は江戸時代から存在していた」など新聞にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月20日は新聞広告の日

今回は「新聞広告の日」について解説していきます!
なぜ10月20日が「新聞広告の日」なのかというと、「新聞週間」の中で覚えやすい20日を記念日としたことが由来となっています。

「新聞広告の日」については日本新聞協会によって1974(昭和49)年に制定された記念日となります。
「新聞広告の日」が制定される由来となった「新聞週間」については10月15日~10月21日の期間に制定されています。

「新聞週間」についても日本新聞協会によって主催されているものとなります。
もともと「新聞週間」は1930年代にカリフォルニア、ペンシルバニア等アメリカ各地で行われるようになったもので、1940年には全米に拡大されました。

日本では日本では新聞の普及と教育の為にGHQが新聞週刊を提唱し、1947(昭和22)年に愛媛新聞が最初に実施したことが始まりとなっています。
翌1948(昭和23)年に日本新聞協会とアメリカ新聞協会が10月1日~8日までの一週間、新聞週間の活動を行いました。

その後は日程が変更されることによって1968(昭和43)年から台風シーズンを避ける為に、現在の10月15日からの一週間とされました。
「新聞週間」の期間中には新聞大会、記念の集い等各種の行事が行われていて、新聞大会では、優れた取材・報道活動や技術開発、経営活動等に対し「新聞協会賞」として表彰を行っています。

スポンサーリンク

新聞の雑学

今回は「新聞広告の日」にちなんで「新聞の雑学」を紹介します。

新聞の端がギザギザである理由

新聞を普段から読んでいる時に、新聞の上下の端っこがギザギザしている事について気になったことはありませんか?
実はあのギザギザについては新聞を同じサイズに安定して切り分けるために工夫した結果としてついているものなんです。

新聞紙は一日で大量に刷る必要があるのですが、1枚ずつ作成して裁断しているようでは間に合わないため、1度に大量の新聞紙を裁断しています。
かなり分厚くなった新聞紙の束をまっすぐの刃で切ってしまうと、刃が通り辛くその時によって新聞の寸法が変わってしまったり、上手く切れなかったりして安定しなかったのです。

そこで、刃の先端をギザギザにすることによって滑らずに正確に新聞紙を裁断できるようにしたということですね。

新聞の元祖は江戸時代から存在していた

日本に新聞というものが登場してからしばらく経ちますが、実は新聞のようなものは既に江戸時代から存在していたそうです。
当時は紙ではなく瓦版と呼ばれる木の板に起こった出来事などを書いて売り歩いていたそうです。

妖怪が現れたなど娯楽志向のガセネタが配られることもあったそうですが、街頭でこのような出来事を読み上げながら瓦版を売っていたそうです。
この瓦版を読んで売り歩くという事が語源となって「読売」という言葉も誕生したとされています。

古いものでは大阪夏の陣の瓦版も存在しているそうですが、明治時代になると新聞が登場したことによって瓦版は衰退していくこととなりました。
以上が新聞の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月20日)
リサイクルの日
新聞広告の日

■明日は何の日?(10月21日)
あかりの日

■昨日は何の日?(10月19日)
バーゲンの日
海外旅行の日

スポンサーリンク

フォローする