10月21日はあかりの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

あかりの日今日は何の日
10月21日の「今日は何の日?」は「あかりの日」です。
また「あかりの日」にちなんで「トンネル内の照明がオレンジ色の理由」「日本初の蛍光灯の設置場所は法隆寺」などあかりにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月21日はあかりの日

今回は「あかりの日」について解説していきます!
なぜ10月21日が「あかりの日」なのかというと、1879年10月21日にエジソンが日本・京都産の竹を使って白熱電球を完成させたことが由来となっています。

「あかりの日」については日本電気協会・日本電球工業会等によって1981(昭和56)年に制定された記念日となります。
日本電気協会・日本電球工業会によるとこの日を「あかりのありがたみを認識する」ということを目的とした記念日としています。

エジソンは電球を発明したことで有名になっていますが、実は電球の仕組み自体はエジソンが考案したものではなく、その前から確立されていたのです。
エジソンが行った事は電球に改良を重ねることによって耐久時間を伸ばし、電球を日常生活で使えるように実用化したことなんですね。

一方で日本で初めて白熱電球が実用化されたのは1890年のことでした。
それまではろうそくなどであかりを確保することが当たり前だったため、スイッチをつけるだけであかりを確保できる電球というものは画期的なものだったでしょう。

ちなみに、日本初の白熱電球を実用化した会社である「白熱舎」が現在の「東芝」の前身の会社となっています。
現在では当たり前にあかりが確保出来るようになっていますが、資源の無駄遣いをしないためにも節電などに努めていきたいですね。

スポンサーリンク

あかりの雑学

今回は「あかりの日」にちなんで「あかりの雑学」を紹介します。

トンネル内の照明がオレンジ色の理由

家の中やビルなどの証明もそうですが、普通は白色の照明を利用することが多いですよね。
しかし車を運転しているとトンネルにはオレンジ色の照明が使われていることが多いのに気付きます。

実はトンネルにオレンジ色の照明を使っているのにもちゃんとした理由があるのです。
トンネルに使用されている証明は主に低圧ナトリウムランプと呼ばれるものであり、ガラス管にナトリウムの蒸気を封入することによってオレンジ色の光を放つ仕組みとなっています。

トンネル内は排気ガスやゴミなどが漂っていて空気が悪いのですが、オレンジ色についてはこれらの影響を受けにくい色の光であるため、トンネル内の見通しが白色よりもよくなるのです。
更に、トンネルは一日中照明をつけていなければなりませんが、低圧ナトリウムランプは消費電力が低く、なおかつ寿命が長いため経済的にもお得なため、トンネルに採用されているのでした。

日本初の蛍光灯の設置場所は法隆寺

LED電球が普及する前までの日本では明かりを確保するために活躍していたのは蛍光灯ですよね。
実際に現在でも全ての明かりがLED電球になっている訳ではなく、蛍光灯が現役で活躍をしている建物などもあります。

そんな蛍光灯が初めて設置された場所は実は「法隆寺」だったって知っていましたか?
1937年に法隆寺の改修工事が計画されていたのですが、当時の法隆寺に保管してあった壁絵などを保存するために模写をする必要が出てきました。

しかし、法隆寺の中は日中でもとても暗く、当時使われていた白熱電球などで照らしてみても絵の色合いがよくわからず、さらに白熱電球では壁絵を劣化させてしまう可能性もあったため、別の照明が必要となりました。
そこで登場したのが蛍光灯であり、当時の東芝電気が開発途中だった蛍光灯の試作品を法隆寺に貸し出したのでした。

そして、蛍光灯の第一号は法隆寺に設置されることとなりました。
以上があかりの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月21日)
あかりの日

■明日は何の日?(10月22日)
平安遷都の日
パラシュートの日

■昨日は何の日?(10月20日)
リサイクルの日
新聞広告の日

スポンサーリンク

フォローする