10月22日はパラシュートの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

パラシュートの日今日は何の日
10月22日の「今日は何の日?」は「パラシュートの日」です。
また「パラシュートの日」にちなんで「パラシュートには穴が空いている」「パラシュート無しの降下作戦が行われたことがある」などパラシュートにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月22日はパラシュートの日

今回は「パラシュートの日」について解説していきます!
なぜ10月22日が「パラシュートの日」なのかというと、1797年10月22日にフランスのパリ公園でアンドレ=ジャック・ガルヌランが高度8000フィート(約2400m)の気球から直径7mの布製の傘のようなものと一緒に飛び降りたことが由来となっています。

この出来事が世界初のパラシュートによる人間の降下であったとされています。
当時はパラシュートの操縦もままならないですし、そもそもパラシュートの操縦技術自体が存在しない時代だったため、着陸時にはかなりの衝撃を受けたそうです。

しかし、この世界初のパラシュート降下は無事に成功を収めて、アンドレ=ジャック・ガルヌランは無傷だったそうです。
実はこの「アンドレ=ジャック・ガルヌラン」という人物はただの危険なことが大好きなモノ好きではんく、現代的なパラシュートの発明者だったのです。

パラシュートのアイディアについては、なんとナポレオン戦争の初期にイギリス軍に捕まった際に、脱走をするという目的で思いついたそうです。
また、熱気球の発明についても熱中していたそうで、1790年には自作の熱気球での飛行にも成功しています。

スポンサーリンク

パラシュートの雑学

今回は「パラシュートの日」にちなんで「パラシュートの雑学」を紹介します。

パラシュートには穴が空いている

パラシュートで降下した経験がある人はほとんどいないためあまり知られていませんが、実はパラシュートには穴が空いているって知っていましたか?
パラシュートを開いた時の一番上の真ん中あたりに穴が空いているんです。

この穴については「頂部通気孔」と呼ばれていて、パラシュートで安全に降下する際にはとても重要な役割を果たしているんです。
もしもパラシュートの上部に穴が空いていなかったら、空気が抜けていく場所がないため、360度どこから空気が漏れるかがわからなくなってしまい、大きくパラシュートが揺さぶられてしまうのです。

このように安全にパラシュート降下ができるようになったのは実はつい最近のことであって、第二次世界大戦の時にはまだパラシュートに穴が空いておらず、兵士はパラシュートの操作にかなり苦労していたそうです。

パラシュート無しの降下作戦が行われたことがある

戦争においては空挺部隊がパラシュートの降下作戦を行ったりしますが、なんと過去の歴史ではパラシュート無しで輸送機から飛び降りるという降下作戦が実施された事もあるのです。
1942年の2月末にソ連軍によってパラシュート無しの降下作戦が行われた訳ですが、ほとんど自殺行為ですよね。

超低空で飛行している輸送機から約1000名の空挺部隊が飛び降りたわけですが、約半数は負傷をしてしまい、さらに降下地点でドイツ軍の反撃を受けて作戦は失敗に終わってしまいました。
なぜこのような作戦を行ったのかというと、2月ということで降下する地点は積雪があり、雪がクッションとなって安全に降下できると考えられたからでした。

あまりにずさんな作戦であり、自分が兵士で命令に従わなくてはいけない立場だったとしても、絶対にこんな作戦には参加したくないですよね。
以上がパラシュートの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月22日)
平安遷都の日
パラシュートの日

■明日は何の日?(10月23日)
霜降
電信電話記念日
津軽弁の日

■昨日は何の日?(10月21日)
あかりの日

スポンサーリンク

フォローする