10月23日は電信電話記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

電信電話記念日今日は何の日
10月23日の「今日は何の日?」は「電信電話記念日」です。

スポンサーリンク



10月23日は電信電話記念日

今回は「電信電話記念日」について解説していきます!
なぜ10月23日が「電信電話記念日」なのかというと、1869(明治2)年9月19日(新暦10月23日)に、東京~横浜で公衆電信線の建設工事が始まったことが由来となっています。

「電信電話記念日」については電気通信省(後の電電公社、現在のNTT)によって1950(昭和25)年に制定された記念日となります。
工事が開始されてから実際に電信が開通されたのは翌年の1870(明治3)年の1月26日のことでした。

その後も日本の電話の技術は発展していき、1899年には長距離電話が可能となり東京から大阪までの通話が出来るようになりました。
その当時の全国の電話の加入者数はすでに1万人を超えていたそうです。

しかし、当時の電話の仕組みは現在のものとは全く異なっていて、相手の家の電話番号へ直接電話をかけることはできませんでした。
まずは電話局へと電話をかけて交換手のを呼び出し、交換手に相手の電話番号を伝えることによって手動でつないでもらう必要があったのです。

そのため、昔は電話の交換手という職業が存在していたんですね。
交換手を呼び出さなくても相手へと電話をかけれるようになったのは1926年のことでしたが、この時はまだ市内など近距離の電話に限られていたそうです。

スポンサーリンク



電話の雑学

今回は「電信電話記念日」にちなんで「電話の雑学」を紹介します。

電話の声は本人の声ではない

電話で自分の声を聞いた時に何か違和感を覚えたり、または友達などから電話で話している時と声が違うなどと言われたことはありませんか?
それもそのはず、実は電話から聞こえている通話相手の声は実際には全く別人の声だからなんです。

別人の声とはどういうことかというと、電話から聞こえている声については「コードブック」に登録されているものが再生されているのです。
電話は世界中にで使われているものですが、その通信は時には規制などの調整が必要になるほど通信回線が不足しているのです。

ただでさえ通信回線が不足しているのにその人の声を忠実に再現したもので通信を行ってしまうと、さらに通信にかかるデータも大きくなってしまいます。
そのため「CELP」という機能を使って、その人の声の特徴を分析した結果から「コードブック」に掲載されている声の中で最も似ているものを選び出し、再生をするようにしているんですね。

なぜ電話をする時に「もしもし」を使うのか

電話をする時には「もしもし」という言葉を使いますが、「もしもし」は電話の時以外には使わない不思議な言葉ですよね。
「もしもし」はいつ頃から使われていて、由来となった言葉は何なのでしょうか。

元々「もしもし」は江戸時代から使われていた言葉であり、「申し」という言葉だったそうです。
そして、電話で使われるようになったのはまだ電話が交換手を経由しなければいけない時代のことでした。

電話交換手が電話を中継する際に、繋ぐ相手へと失礼のないように「申し上げる」といった意味で「もしもし」と使われるようになったのが「もしもし」の始まりとされています。
以上が電話の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(10月23日)
霜降
電信電話記念日
津軽弁の日

■明日は何の日?(10月24日)
国連デー
文鳥の日

■昨日は何の日?(10月22日)
平安遷都の日
パラシュートの日

スポンサーリンク



フォローする