10月23日は津軽弁の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

津軽弁の日今日は何の日
10月23日の「今日は何の日?」は「津軽弁の日」です。

スポンサーリンク



10月23日は津軽弁の日

今回は「津軽弁の日」について解説していきます!
なぜ10月23日が「津軽弁の日」なのかというと、1987(昭和62)年10月23日が方言詩人である高木恭造の命日であることが由来となっています。

「津軽弁の日」については津軽弁の日やるべし会によって1988(昭和63)年に制定された記念日となります。
毎年の「津軽弁の日」には青森市文化会館で津軽弁をテーマとしたイベントが開催されています。

数々の方言がありますが、特に東北の方言は訛りが独特で年配の方が喋る津軽弁に関しては同じ日本語とは思えないぐらい難しい言葉に聞こえますよね。
学生時代や社会人になってからも色々な地方の人と話す機会がありましたが、やはり圧倒的に東北出身の人が訛りが強いことが多いです。

また、最近では「方言女子」が可愛いとされていて、定番の関西弁を喋る若い女性や、博多弁を喋る女性などがそのギャップが可愛いと注目を受けていますよね。
自分と全く違う地方から来た可愛い女の子が自分の知らない言葉遣いをしていたらとても気になってしまいますし、ドキッとする男性がとても多いですよね。

住みなれてない土地などに引っ越した場合は、それまで当たり前だとして使っていた言葉が方言だと指摘されて驚くという事もあり、方言というのは土地柄が出て本当に楽しいですよね。

スポンサーリンク



津軽弁の雑学

今回は「津軽弁の日」にちなんで「津軽弁の雑学」を紹介します。

弘前大学医学部では津軽弁が必修になっている

東北の訛りの中でも特に難しいとされている津軽弁ですが、実は青森県の弘前大学医学部では津軽弁が「必修科目」となっているのです。
医者を目指す人がわざわざ「津軽弁」を勉強するという光景はとても不思議ですよね。

なぜ医者になるために「津軽弁」を学ばなければならないのかというと、医者にとって患者とのコミュニケーションは診療をする際に欠かせないことだからなんです。
共通語というものは万能ではなく必ずしも青森県に住んでいる全員に伝わるとは限りません。

患者との意思疎通が難しいと診療もままならなくなってしまう、または誤診などにつながってしまう可能性もある事から、津軽弁を学ぶ必要があると考えられています。
実際に方言などでうまく患者と意思疎通がとれないことが医療現場の課題にもなっているそうです。

津軽弁は一文字でも意味が伝わる

実は津軽弁には非常に便利な言葉があり、なんと一文字使うだけで意味が伝わってしまうものもあるんです。
例えば「」という一文字ですが、この一文字だけで「美味しい」や「甘い」といった使い方が出来て、「ご飯め」というと「ご飯美味しい」という意味となるのです。

また「」という一文字についても「かゆい」といった意味で使えますし、「ください」といった意味にもなります。
「頭け」と言えば「頭がかゆい」という意味になりますし、「それけ」といえば「それください」という意味になるんですね。

津軽弁がわからない人には伝わらないかもしれませんが、津軽弁同士のコミュニケーションは最低限の言葉だけで伝わるものもあるんですね。
以上が津軽弁の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(10月23日)
霜降
電信電話記念日
津軽弁の日

■明日は何の日?(10月24日)
国連デー
文鳥の日

■昨日は何の日?(10月22日)
平安遷都の日
パラシュートの日

スポンサーリンク



フォローする