10月25日は世界パスタデー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

世界パスタデー今日は何の日
10月25日の「今日は何の日?」は「世界パスタデー」です。

スポンサーリンク



10月25日は世界パスタデー

今回は「世界パスタデー」について解説していきます!
なぜ10月25日が「世界パスタデー」なのかというと、1995(平成7)年10月25日にイタリアで第1回世界パスタ会議が開催されたことが由来となっていて、1998年に制定された記念日となっています。

毎年10月25日の「世界パスタデー」になると、EUやイタリアパスタ製造業者連合会などが合同でパスタの販売促進キャンペーンを開催しています。
日本でも日本全国のイタリアンレストランで使われているパスタのシェアNo.1を誇る「Barilla(バリラ)」によってイベントが開催されており、過去にはイベントの参加店であるイタリアンレストランで食事をすると「Barilla(バリラ)」のパスタがプレゼントされるといった内容のイベントが開催されました。

実はパスタの歴史はとても古く、すでに古代ローマではパスタの原型となる料理が食べられていたそうです。
小麦の生産は当時から行われていたため、これを粥状に煮込んだ「プルス」というものがパスタの起源となったとされています。

日本でパスタが庶民的なものになったのは戦後のことでしたが、実は江戸時代のころにパスタが日本に持ち込まれたこともあったそうです。
初めてパスタを見た江戸時代の日本人によって「うどんのようなもの」と書かれた書物も残っているそうです。

スポンサーリンク



パスタの雑学

今回は「世界パスタデー」にちなんで「パスタの雑学」を紹介します。

ナポリタンは日本発祥の料理

パスタには「カルボナーラ」「ペペロンチーノ」「ジェノベーゼ」「ボロネーゼ」「ボンゴレ・ビアンコ」など様々な味があって本当に飽きないですよね。
その中でも日本人に古くから愛されている「ナポリタン」については、実は日本が発祥のパスタだとされているんです。

ナポリタンはケチャップで味付けをする庶民の代表的な味のパスタですが、パスタの本場であるイタリアではこのようなパスタは食べていないようです。
ナポリタンというパスタを考案したのは「横浜ホテルニューグランド」の第二総料理長である、入江茂忠氏だとされています。

戦後でありGHQの統治下にあった日本ではあまり食材もそろえることが出来なかったのですが、米軍が軍用食として使っていたパスタに、簡単な味付けをして手軽な食材で食べられるように考えられたのがナポリタンだったのです。
実際に味付けはケチャップと塩コショウだけだったそうで、その素朴な味わいがいまだに日本人の舌を惹き付けているのでしょうね。

イタリアにはパスタの法律がある

パスタの本場であるイタリアにはパスタに関する法律があるって知っていましたか?
実はイタリアには「デュラム小麦のセモリナを100%使わないといけない」という法律が記されています。

デュラムというのは小麦の品質を表す言葉であり、セモリナは粗粒粉という意味であるため、つまり一定品質以上の小麦の粗粒粉を使わなければそれはパスタとして認められないということなんですね。
「デュラム小麦のセモリナ100%」でなければ「パスタ」と名乗ることすら許されないという、パスタの本場らしい厳格な法律でした。

以上がパスタの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(10月25日)
世界パスタデー
民間航空記念日

■明日は何の日?(10月26日)
柿の日
きしめんの日
青汁の日

■昨日は何の日?(10月24日)
国連デー
文鳥の日

スポンサーリンク



フォローする