10月26日は柿の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

柿の日今日は何の日
10月26日の「今日は何の日?」は「柿の日」です。
また「柿の日」にちなんで「干し柿を作る時に渋柿を使う理由」「柿の種はたまたま出来たお菓子」など柿にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月26日は柿の日

今回は「柿の日」について解説していきます!
なぜ10月26日が「柿の日」なのかというと、1895(明治28)年10月26日に俳人・正岡子規が「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」の句を詠んだことが由来となっています。

また、地域によって多少のバラつきはあるものの、この時期が柿の旬であることも由来となっています。
「柿の日」については全国果樹研究連合会カキ部会によって2005(平成17)年に制定された記念日となります。

全国果樹研究連合会カキ部会によるとこの日を「全国規模で柿をPRし、柿の消費を拡大したり、販売を促進する」という事を目的とした記念日としています。
正岡子規は柿が鉱物だったとされていて、実際に柿にまつわる歌を数多くこの世に残しています。

晩年には「柿くふも今年ばかりと思ひけり」という何とも悲しげな歌を残していて、翌年には持病であった結核が原因で亡くなってしまいました。
2016年の柿の消費量を調べてみると、1位が鳥取県で11.85個であり、最下位が群馬県で1.83個となっていて、全国平均が4.42個となっています。

他の果物と比べてみても柿の消費量がかなり少ないのが少し寂しいですよね。
柿は秋以外にはあまり見かけない果物ですし、せっかく旬の時期ですから「柿の日」にはぜひ柿を買って食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

柿の雑学

今回は「柿の日」にちなんで「柿の雑学」を紹介します。

干し柿を作る時に渋柿を使う理由

柿をそのまま食べるのももちろんそのまま美味しいのですが、干し柿も独特の甘みがぎゅっと詰まっている感じがしてとても美味しいですよね。
そんな干し柿を作るときに使用する柿のほとんどが「渋柿」を使用しているって知っていましたか?

「渋柿」というぐらいですからその味はかなり渋く、渋柿を使うぐらいなら最初から甘くて美味しい柿を使って干し柿を作った方が良い気がしますよね。
しかし、実は普通の柿に比べて渋柿の方が糖分を多く含んでいるのです。

あの渋みによって甘みがかき消されているだけであって、実際にどれだけ美味しい甘い柿を使って干し柿を作っても、渋柿を使った時ほど甘い干し柿は作れないそうなんです。
また、実は干し柿を作るためにあえて生産された渋柿は、乾燥しやすくなるように小ぶりな形へと品種改良されているのでした。

柿の種はたまたま出来たお菓子

お酒のおつまみとして日本人に広く愛されている「柿の種」ですが、実は狙って開発された商品ではなく偶然に出来あがったお菓子なんです。
柿の種の原型となるお菓子については、手作業で薄くした餅を重ねて小判型の金属筒で切りぬいて作られていました。

しかし、製造過程で誤って小判型の金属筒を踏んで変形させてしまいました。
直すことが出来なかったためそのままの状態で使用したところ、歪んだ形のあられが出来あがってしまいました。

そしてその歪んだ状態のあられを売っていたところ、小判型ではなく柿の種の形に似ていると言われたことから「柿の種」と命名されたのでした。
ちなみに「柿の種」が誕生したのは大正13年のことで今から100年前から愛されているんですね。

以上が柿の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月26日)
柿の日
きしめんの日
青汁の日

■明日は何の日?(10月27日)
テディベアズデー
文字・活字文化の日

■昨日は何の日?(10月25日)
世界パスタデー
民間航空記念日

スポンサーリンク

フォローする