10月26日はきしめんの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

きしめんの日今日は何の日
10月26日の「今日は何の日?」は「きしめんの日」です。

スポンサーリンク



10月26日はきしめんの日

今回は「きしめんの日」について解説していきます!
なぜ10月26日が「きしめんの日」なのかというと、食欲の秋である10月と、きしめんがつるつる感が特徴であることから「2(つ)6(る)」という語呂合わせが由来となっています。

「きしめんの日」については愛知県製麺工業協同組合によって制定された記念日となります。
愛知県製麺工業協同組合によるとこの日を「愛知県の名物であるきしめんを更にたくさんの人に食べてもらう」ということを目的とした記念日としています。

「きしめんの日」には愛知県できしめんを普及するための様々な活動が行われています。
「愛知県きしめん普及委員会」という団体では「きしめんミニ検定」というコンテンツをホームページ上に公開していて、きしめんを普及するためのユニークな活動も行われています。

日付ももうそろそろ11月を迎えることから気温も下がってきて、温かい物を食べるのが美味しい季節になってきますよね。
この時期に食べるきしめんは身体も温まってこれまで以上に美味しく食べられます。

普段はあまりきしめんを食べないという人も、「きしめんの日」にはぜひきしめんを買って家で食べてみてくださいね。

スポンサーリンク



きしめんの雑学

今回は「きしめんの日」にちなんで「きしめんの雑学」を紹介します。

きしめんは元々碁石のような形だった

実はきしめんの起源は諸説あり、いつ頃から食べられているものなのかは定かになっていません。
その中にもきしめんに関する面白い説が残っていて、きしめんといえば平たい麺を想像する人も多いかもしれませんが、昔は囲碁で使う碁石のような形をしていたという説があるのです。

きしめんを漢字で書くと「碁子麺」となるのですが、「碁子」には碁石、または碁石を入れる器という意味があります。
このことから、きしめんは碁石のような形をしていたことから「碁子麺」と呼ばれるようになったとされているのです。

また、他にもきしめんの起源は存在していて、紀州の人が作った事から「紀州麺」という名前になり、転じてきしめんとなったという説もあります。
他にもキジの肉をめんの食材にして藩主に献上した雉麺(きじめん)が転じてきしめんとなったという説もあります。

うどん、そうめん、ひやむぎ、きしめんの違い

日本には麺料理がたくさんあって、特に「うどん」「そうめん」「ひやむぎ」「きしめん」についてはサイズが違うだけでどれも似た食べ物となっていますよね。
どれも太さによって区別されるものですが、どこからが「そうめん」でどこからが「ひやむぎ」なのかが曖昧だったりしますよね。

実はこれらについては農林水産省の乾めん類品質表示基というもので明確に定められているのです。
いわゆるJAS規格と呼ばれるものですが、それぞれの区別はやはり太さでつけているそうです。

太さが1.7mm以上であるものが「うどん」1.7mm未満で1.3mm以上のものが「ひやむぎ」1.3mm未満のものが「そうめん」と決められています。
「きしめん」については別に基準が設けられていて、幅が4.5mm以上であり、厚さが2.0mm未満の帯状に成形されたものが「きしめん」とされています。

以上がきしめんの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(10月26日)
柿の日
きしめんの日
青汁の日

■明日は何の日?(10月27日)
テディベアズデー
文字・活字文化の日

■昨日は何の日?(10月25日)
世界パスタデー
民間航空記念日

スポンサーリンク



フォローする