10月27日は文字・活字文化の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

文字・活字文化の日今日は何の日
10月27日の「今日は何の日?」は「文字・活字文化の日」です。

スポンサーリンク



10月27日は文字・活字文化の日

今回は「文字・活字文化の日」について解説していきます!
なぜ10月27日が「文字・活字文化の日」なのかというと、10月27日が「読書週間」の1日目の日であることが由来となっています。

「文字・活字文化の日」については2005(平成17)年制定の「文字・活字文化振興法」によって制定された記念日となります。
現在の「読書週間」とは1947(昭和22)年に読書週間実行委員会(現在の読書推進運動協議会(読進協))によって始まったものとなります。

実は「読書週間」が制定される前から読書に関する期間は存在していました。
それは大正13年に日本図書館協会によって定められた「図書週間」と呼ばれるもので、当時は11月17日~11月23日の1週間となっていました。

その後昭和8年には「図書館週刊」と改称されて、出版界では「図書祭」が開催されていましたが、戦争による影響から昭和14年には廃止されることとなりました。
戦争終結後である昭和22年には日本出版協会、日本図書館協会、取次、書店の流通組織、その他報道・文化関連団体30あまりが参加して「読書週間実行委員会」が結成され、11月17日から23日まで第1回の読書週間が行われました。

しかし「一週間では惜しい」という声があがったことから、2回目からは10月27日から11月9日まで文化の日をはさんだ2週間となり、現在まで続いています。
秋は読書の秋とも言われていますし「文字・活字文化の日」をきっかけにして、読書週間にはぜひ本を読んでみてくださいね。

スポンサーリンク



活字の雑学

今回は「文字・活字文化の日」にちなんで「活字の雑学」を紹介します。

文字と活字の違い

日本語には「文字」や「活字」といった言葉がありますが、具体的に「文字」と「活字」は何が違うのでしょうか。
まずは「活字」についてですが、活字については活版印刷などで使用される凸型の版や、活版印刷によって印字された文字や文章の事を指す言葉です。

活字は金属で一文字ずつ作られたものを組み合わせることによって印刷をかけますが、最近ではデジタルデータをコピー機で印刷する機会が増えたことから、本当の意味での活字を見かける機会は減りました。
そのため、活版印刷によって刷られた本や新聞を読むことは「活字に触れる」と言われているんですね。

文字については、人間の話している言葉を目で見て理解できるように記号や図式化したものとなります。

世界一長い小説と日本一長い小説

今でも活字が好きだという人が多く読書を趣味にしている人は多いですよね。
読書をしていると時間を忘れて分厚い小説でも一気に読み終えてしまいますが、世界に存在している小説で一番長い小説はどれぐらいの長さなんでしょうか。

世界一長い小説についてはマルセル・プルーストが著者である「失われた時を求めて」という作品になります。
フランス語の原書では3000ページになり、なんと日本語では400字の作文用紙10000枚という長さになるそうで、ギネスブックでは世界最長の小説として認定されています。

それでは日本の小説で一番長いものはと言うと栗本薫が著者である「グイン・サーガ」という小説です。
2017年現在で100巻を超える作品となっていますが、未完であるということを理由にギネスブックへの申請は却下されてしまいました。

以上が活字の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(10月27日)
テディベアズデー
文字・活字文化の日

■明日は何の日?(10月28日)
速記記念日
透明美肌の日

■昨日は何の日?(10月26日)
柿の日
きしめんの日
青汁の日

スポンサーリンク



フォローする