おだしの日の由来と面白い雑学、10月28日の今日は何の日?

おだしの日今日は何の日
10月28日の「今日は何の日?」は「おだしの日」です。
また「おだしの日」にちなんで「昆布が海で出汁が出ないのなんでだろう?」「出汁を更に美味しくする方法」など出汁にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月28日はおだしの日

今回は「おだしの日」について解説していきます!
なぜ10月28日が「おだしの日」なのかというと、1707年10月28日が江戸時代の紀州印南浦の漁民である角屋甚太郎氏の命日だったことが由来となっています。

「おだしの日」については大阪府箕面市に本部を置く株式会社太鼓亭によって制定された記念日となります。
おそらく「角屋甚太郎」という名前を聞いても、一体何をした人なのかわからないという人も多いはずです。

角屋甚太郎は現在でも出汁をとるのに使われている「かつお節」を作りだした人物なのです。
もちろん元々は生魚のため保存がきかずにすぐに腐ってしまうのですが、「燻乾カビ付け製法」によりかつお節を作り上げることに成功したのです。

「おだしの日」という記念日自体は、和食の要であるおだしの正しい情報を提供して、美味しく健康にも良いおだしの魅力を知ってもらうことが目的となっています。
普段は顆粒出汁などで済ませてしまうという人も、「おだしの日」にはぜひ出汁を自分でとって美味しい料理を作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

出汁の雑学

おだしの日今日は何の日
今回は「おだしの日」にちなんで「昆布が海で出汁が出ないのなんでだろう?」「出汁を更に美味しくする方法」など出汁にまつわる面白い雑学を紹介します。

出汁を更に美味しくする方法

せっかく自分で出汁を用意するのであれば、少しでも美味しい出汁をとりたいですよね。
実は出汁に簡単なひと手間を加えるだけで、出汁が更に美味しくなる方法が存在しています。

おそらく出汁をとったあとには、その出汁をそのまま料理に使ったり、出汁を使うタイミングが来るまでは放置していますよね。
しかし、出汁をとった後にすぐに冷やすことによって、出汁を更に美味しくすることが出来るのです。

出汁は温度が下がっていく段階で雑菌が繁殖しやすくなってしまうため、この雑菌のせいで出汁に雑味が出てしまいます。
徐々に出汁を冷ますのではなく、冷蔵庫などで一気に冷やしてしまった方が雑菌がわきづらくなり、すっきりとした美味しい出汁になるのでした。

スポンサーリンク

昆布が海で出汁が出ないのなんでだろう?

テツ&トモのネタに登場する有名なフレーズに「昆布が海の中で出汁が出ないのなんでだろう?」というものがありますよね。
確かに、言われてみれば出汁がなぜ出ないのか不思議ですよね。

昆布の出汁と呼ばれるものは、昆布に含まれている「グルタミン酸」という成分になります。
しかし、このグルタミン酸は細胞膜の内側にあるため、外には出てこないようになっているんですね。

昆布を収穫して乾燥させたりすると、細胞膜が壊れてグルタミン酸=出汁が出るようになります。
単純に昆布が海中で生きている状態では、細胞膜の壁に守られて出汁の成分が染みださないというだけの話だったのです。

以上が出汁の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月28日)
速記記念日
透明美肌の日
おだしの日
にわとりの日

■明日は何の日?(10月29日)
ホームビデオの日
おしぼりの日
てぶくろの日
インターネット誕生日
ふくの日

■昨日は何の日?(10月27日)
テディベアズデー
文字・活字文化の日
機関誌の日
ツナの日
仏壇の日
交番の日