10月30日はたまごかけごはんの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

たまごかけごはんの日今日は何の日
10月30日の「今日は何の日?」は「たまごかけごはんの日」です。

スポンサーリンク



10月30日はたまごかけごはんの日

今回は「たまごかけごはんの日」について解説していきます!
なぜ10月30日が「たまごかけごはんの日」なのかというと、2005(平成17)年10月30日に第1回日本たまごかけごはんシンポジウムが開催されたことが由来となっています。

「たまごかけごはんの日」については島根県雲南市の「日本たまごかけごはん楽会」によって制定された記念日となります。
現在は「日本たまごかけごはん楽会」という名称から、「日本たまごかけごはんシンポジウム実行委員会」に改称されているそうです。

「日本たまごかけごはんシンポジウム実行委員会」によるとこの日を「たまごかけごはんをキーワードとして日本の古き良き食文化やふるさと、または家族愛などを考えるきっかけを作る」という事を目的とした記念日としています。
この時期には品質の良い卵が出回っており、また美味しい新米も出回る時期であることから、たまごかけごはんを食べるのにはぴったりのシーズンとなっています。

最近ではたまごかけごはん専門店などが登場するなど、日本人のたまごかけごはんに対する思いの強さがわかりますよね。
人によって自分好みの調味料の割合や、アレンジなどもあって色々な味を楽しめるのもたまごかけごはんの魅力の一つですよね。

スポンサーリンク



卵の雑学

今回は「たまごかけごはんの日」にちなんで「卵の雑学」を紹介します。

卵かけごはんを食べるとハゲるってホント?

皆さんは「たまごかけごはんを食べるとハげる」という噂を聞いたことがありますか?
この噂のせいで大好きなたまごかけごはんを我慢しているという人もいるのではないでしょうか。

とある昔の研究によると、マウスに卵白を大量に与えると、卵白に含まれているアビジンがビタミンBの一種であるビオチンと結合してしまい、ビオチン欠乏症となって脱毛や炎症を引き起こしたという結果が出ました。
この研究が一人歩きして、卵の卵白を摂取するとハゲやすくなるという噂へと変化したようですが、どうやらたまごかけごはんを食べたところでハゲることはないそうです。

もちろん卵を毎日のように数十個食べ続ければビオチン欠乏症になってしまうかもしれませんが、毎日卵かけごはんを食べ続けたとしても一日にそこまで大量に卵を食べることはないため、ハゲることはありえないと言われています。

卵のサイズの違いは鶏の年齢の差

市販されている卵のサイズにはS、M、L、LLといった様々なサイズがありますよね。
卵のサイズによって値段も変わるのですが、実は卵のサイズについては鶏の年齢によって変わるものだって知っていましたか?

若ければ若いほど産む卵のサイズは小さくなり、歳をとればとるほど産む卵のサイズは大きくなるのです。
Sサイズの卵に関しては4ヶ月~5ヶ月の鶏が産んだものであり、Mサイズに関しては6ヶ月~1年、Lサイズについては10ヶ月~2年、LLサイズについては1年半以上の鶏が産んだものとなります。

なぜ年齢を重ねると卵のサイズが大きくなるのかというと、鶏は成長すればするほど卵管の太さが太くなるからなんです。
以上が卵の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(10月30日)
たまごかけごはんの日
マナーの日
初恋の日

■明日は何の日?(10月31日)
ハロウィン
天才の日
ガス記念日

■昨日は何の日?(10月29日)
ホームビデオの日
おしぼりの日
てぶくろの日

スポンサーリンク



フォローする