10月31日はハロウィン、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ハロウィン今日は何の日
10月31日の「今日は何の日?」は「ハロウィン」です。

スポンサーリンク



10月31日はハロウィン

今回は「ハロウィン」について解説していきます!
なぜ10月31日が「ハロウィン」なのかというと、キリスト教の聖人の祝日「万聖節」の前夜祭であることが由来となってます。

「ハロウィン」とはもともと古代ヨーロッパの原住民ケルト族の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられたものであり、結果として現在のハロウィンになったとされています。
ケルト族の1年の終わりは10月31日であり、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていました。

これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚火を焚いていたのです。
この仮面をかぶったり魔除けの焚き火を炊いたことにちなんで、10月31日の夜には南瓜をくり貫いて作ったジャック・オー・ランタン(お化けカボチャ)に蝋燭を立て、魔女やお化けに仮装した子供達が「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねるような行事へと発展したんですね。

ハロウィンにはカボチャの菓子を作り、子供達はもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする風習があります。
近年、日本で行われているハロウィンとはちょっと毛色が違いますよね。

スポンサーリンク



ハロウィンの雑学

今回は「ハロウィン」にちなんで「ハロウィンの雑学」を紹介します。

日本と海外のハロウィンの違い

日本のハロウィンと海外のハロウィンとでは全く違うイベントになっている事を知っていましたか?
宗教思想の薄い日本人にとってはそもそもハロウィンはただのイベント毎でしかなく、商業的な意味合いの強いイベントとなっていますよね。

海外では悪霊除けの風習から転じて、子供たちがお化けの仮装などをして家々を練り歩く日になっていますが、日本のハロウィンは大人が中心となって思い思いのコスプレをして街中を練り歩くコスプレ大会になってますよね。
更に、本来は子供をお菓子で喜ばせてあげるためのイベントであるはずが、日本では大人が率先してコスプレをしてゴミをまき散らし、ドンチャン騒ぎするイベントとなっています。

また、海外では各家庭でホームパーティーを行って、子供も近隣の家々を訪れるものですが、日本では所構わず人の迷惑をかえりみず大人が自分の欲を満たすためだけに楽しむイベントとなっています。
大人も楽しみたい時はあるかもしれませんが、子供を差し置いて我先にと楽しもうとするのはどうかと思ってしまいますよね。

ジャック・オ・ランタンはかぼちゃではなくカブを使う

「ジャック・オ・ランタン」といえば大きなかぼちゃをくり抜いて作るものだというのが一般的ですよね。
しかし、「ジャック・オ・ランタン」はもともとはかぼちゃで作るものではなく、「カブ」をくり抜いて作るものだったんです。

そもそも「ジャック・オ・ランタン」とは酒飲みで悪人であるジャックが死んだ後、あまりの素行の悪さに天国に行けず、地獄ですら追い出されてしまい、道に迷った時にカブをくり抜いて作ったものだとされています。
ハロウィンがアメリカに伝わった際に、アメリカではカブを手に入れづらかったことから、簡単に手に入るかぼちゃが使われるようになりました。

その後、アメリカから日本に伝わったたため、日本でも「ジャック・オ・ランタン」といえば「かぼちゃ」のイメージになっているのでした。
実際にハロウィンの発祥であるアイルランドなどでは「ジャック・オ・ランタン」はカブで作っているそうです。

以上がハロウィンの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(10月31日)
ハロウィン
天才の日
ガス記念日

■明日は何の日?(11月1日)
犬の日
紅茶の日
点字の日

■昨日は何の日?(10月30日)
たまごかけごはんの日
マナーの日
初恋の日

スポンサーリンク



フォローする