10月31日はガス記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ガス記念日今日は何の日
10月31日の「今日は何の日?」は「ガス記念日」です。
また「ガス記念日」にちなんで「都市ガスもプロパンガスも実は無臭」「都市ガスとプロパンガスの違い」などガスにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月31日はガス記念日

今回は「ガス記念日」について解説していきます!
なぜ10月31日が「ガス記念日」なのかというと、1872(明治5)年9月29日(新暦10月31日)に横浜の馬車道でガス灯が点灯されたことが由来となっています。

「ガス記念日」については日本ガス協会によって1972(昭和47)年に制定された記念日となります。
この日にはガスの安全な使い方についてや有効利用の方法などのPRが行われています。

今回は横浜の馬車道でガス灯が点灯されたことに由来した記念日ですが、このガス灯の点灯については横浜の日本のガス事業によって、フランス人のアンリ・プレグランの指導の下で行われました。
この時にガス灯の点灯を行った人物が高島嘉右衛門(たかしまかえもん)だったとされています。

初めて街頭が灯ってから2年後の1874(明治7)年には東京の銀座通りにも街灯として86基のガス灯が設置され、日本の街中はどんどん明るくなっていきました。
この頃に流行していた錦絵には、色鮮やかにガス灯が灯っている様子が描かれていたそうです。

現在はガス灯を見かけることはなくなりましたが、当時の日本はまだろうそくや提灯、ランプで明かりを確保するのが当たり前の時代だったため、ガス灯の登場は当時の日本人にとっては画期的なものだったといえます。

スポンサーリンク

ガスの雑学

今回は「ガス記念日」にちなんで「ガスの雑学」を紹介します。

都市ガスもプロパンガスも実は無臭

皆さんも一度は経験があるかと思いますが、コンロに火をつけようとして上手く着火せずにガスの嫌な臭いが広まったことはありませんか?
あの独特の臭いはなんだか気持ち悪くて吐き気がしてきて、とても嫌な臭いですよね。

しかし、あのガスの臭いについては人工的につけられたものであって、実は本来のガスは臭いがしないのです。
更に言えば特に刺激物ということもないので目に染みたりすることもありません。

それではなぜあのような気持ちの悪い臭いを人工的につけているのかというと、ガス漏れに気づくためなんですね。
万が一ガス漏れしていても無臭だった場合はそのままガスの充満した部屋で着火をしてしまい、大爆発を招いてしまう可能性がありますよね。

そのような事故を防ぐためにもチオールというものを添加してあえて人間が不快に感じるような臭いにしているのでした。

都市ガスとプロパンガスの違い

一般的には都市ガスの方が安くプロパンガスの方が料金が高いため、引越しをする際には賃貸物件が都市ガスかプロパンガスのどちらなのかが結構重要になってきますよね。
それでは「都市ガス」と「プロパンガス」にはどのような違いがあるのでしょうか。

まず原料についてですが、都市ガスの原料はメタンが主成分である天然ガスとなっています。
プロパンガスの原料についてはプロパン・ブタンが主成分である液化石油ガスとなっています。

都市ガスとプロパンガスを比べると、都市ガスは空気より軽く、プロパンガスは空気より重たいという特徴を持っています。
最後になぜプロパンガスの方が割高になるのかというと、プロパンガスの提供はガス会社によって行われていて、設置費用などがかかってしまうからなんですね。

以上がガスの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月31日)
ハロウィン
天才の日
ガス記念日

■明日は何の日?(11月1日)
犬の日
紅茶の日
点字の日

■昨日は何の日?(10月30日)
たまごかけごはんの日
マナーの日
初恋の日

スポンサーリンク

フォローする