11月3日はまんがの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

まんがの日今日は何の日
11月3日の「今日は何の日?」は「まんがの日」です。

スポンサーリンク



11月3日はまんがの日

今回は「まんがの日」について解説していきます!
なぜ11月3日が「まんがの日」なのかというと、漫画が日本の文化であることから同日の祝日である「文化の日」に合わせたことが由来となっています。

また11月3日については漫画の神様とも呼ばれている手塚治虫の誕生日でもあります。
「まんがの日」については日本漫画家協会と出版社5社によって2002(平成14)年8月に制定された記念日となります。

日本漫画家協会によるとこの日を「漫画を文化として認知してもらう」ということを目的とした記念日としています。
2017年現在では日本の漫画は立派に世界に誇れる日本の文化となっていますよね。

日本の漫画やアニメなどのサブカルチャーの文化は世界でも熱狂的なファンを獲得していて、日本の漫画やアニメを楽しむために日本語を勉強する外国人もいるほどです。
更に、日本でも行われているコスプレイベントがありますが、実は海外でもコスプレイベントが行われていて、日本の漫画やアニメのキャラクターもコスプレで楽しまれているのです。

昔は子供の読み物だとされていた漫画ですが、今では子供から大人まで幅広く楽しまれるようになりましたし、漫画から学べることも多く、好きな漫画に影響を受けて人生が変わる人もいますよね。
「まんがの日」には、ぜひ自分の好きな漫画を読んでみてくださいね。

スポンサーリンク



漫画の雑学

今回は「まんがの日」にちなんで「漫画の雑学」を紹介します。

超サイヤ人が金髪なのは色塗りが面倒だから

子供から大人にまで大人気で知らない人のいないドラゴンボールですが、2017年現在でもいまだにアニメの放送が続いていますよね。
そんなドラゴンボールに登場する「超サイヤ人」についての雑学です。

実は「超サイヤ人」については、髪の毛を黒く塗る作業であるベタ塗りの作業が面倒だったことから金髪になったのです。
金髪にしてしまえばベタ塗りをする必要が無く、漫画を描く手間も省けるという何ともいえない理由から「超サイヤ人」のデザインが決まったのでした。

お前はもう死んでいるは1回しか言ってない

北斗の拳のお馴染みの決め台詞といえば「お前はもう死んでいる」であり、爆発的な人気であることから流行語にもなりましたよね。
アニメではかなり使われたこのセリフなのですが、実は原作の漫画では1回しか使われていないんです。

「お前はもう死んでいる」以外には「きさまは既に死んでいる」や「お前は既に死んでいる」など微妙に言い回しが違うセリフは何回か登場しています。

ジョジョ立ちのモデルはミケランジェロの彫刻

ジョジョの奇妙な冒険には登場するキャラクターが特徴的なポーズをするいわゆる「ジョジョ立ち」というものがありますよね。
あの「ジョジョ立ち」については作者がイタリアへ行った際にミケランジェロが作った彫刻に強い影響を受けた結果生まれたポージングなのです。

実際にミケランジェロの彫刻には身体をひねらせるような独特なポーズの彫刻が多く、作者が影響を受けているということがよくわかります。
以上が漫画の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月3日)
文化の日
まんがの日
ハンカチーフの日

■明日は何の日?(11月4日)
ユネスコ憲章記念日

■昨日は何の日?(11月2日)
キッチン・バスの日

スポンサーリンク



フォローする