11月4日はユネスコ憲章記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ユネスコ憲章記念日今日は何の日
11月4日の「今日は何の日?」は「ユネスコ憲章記念日」です。

スポンサーリンク



11月4日はユネスコ憲章記念日

今回は「ユネスコ憲章記念日」について解説していきます!
なぜ11月4日が「ユネスコ憲章記念日」なのかというと、1946(昭和21)年11月4日にユネスコ憲章が発効し、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が発足したことが由来となっています。

日本は発足当初はまだユネスコに加盟しておらず、日本がユネスコに加盟したのは1951(昭和26)年7月2日のことでした。
皆さんもテレビなどで一度は「ユネスコ」という機関の名前を聞いたことがあるかと思いますが、実際にはどのような活動を行っているのかはよくわからないのではないでしょうか。

ユネスコは世界各国の諸国民の教育や科学、文化の協力と交流を通して、国際平和を実現し人類の福祉の促進をするという事を目的とした機関になります。
本部はフランスのパリにあるそうです。

ユネスコの主な活動内容については「義務教育・普遍的初等教育の普及」や「識字率の向上」、「教育における男女差別の解消」、「貧困の半減」といったものがありますが、日本で特に有名な活動は「世界遺産の登録と保護」なのではないでしょうか。
テレビでユネスコという言葉を見かける時は、たいていは日本の世界遺産の登録に関する話題であり、ここ最近は富士山などが登録されましたよね。

スポンサーリンク



世界遺産の雑学

今回は「ユネスコ憲章記念日」にちなんで「世界遺産の雑学」を紹介します。

万里の長城は朝鮮半島まで伸びていた

万里の長城といえば世界遺産に登録されていて、中国では一番有名な観光名所といっても過言ではないですよね。
そんな万里の長城については、秦の始皇帝によって作られたものだと思われていますが、現在の万里の長城については中国が明の時代に作られたものなのです。

秦の始皇帝によっても万里の長城は築かれていたのですが、当時の万里の長城と現在の万里の長城では場所も違っていて、昔の万里の長城については朝鮮半島まで伸びていたそうです。
元々は戦国七雄の国境間にお互いの国の防衛を行うために作られていたものでしたが、始皇帝が中華統一を成し遂げた後には中国の国内にある長城を全て取り壊し、北に作られた長城を繋げて大長城としたのです。

これが最初に作られた万里の長城であり、当時の万里の長城は土で出来ていて、馬や人が乗り越えられないぐらいの低い壁だったそうです。
そして、現在の万里の長城よりもかなり北に位置していて、東の端は朝鮮半島まで伸びていたのです。

自由の女神は昔は茶色だった

ニューヨークの観光スポットとして有名なものといえば自由の女神ですよね。
自由の女神を実際に見た事がない人でも、自由の女神が独特な青緑色をしているのを知っているかと思いますが、そもそも自由の女神は昔は青緑色ではなく茶色だったのです。

自由の女神はアメリカ合衆国が独立してから100年を記念してフランスから寄贈されたものとなります。
建設当初は女神像の外装部分には銅版といった素材が使用されていました。

この銅版が茶色だったのですが、年月の経過とともにだんだんとサビてきてしまい、今の青緑色となっていったのです。
現在では青緑色しか見られなくなってしまいましたが、茶色の自由の女神も一度は見てみたいですよね。

以上が世界遺産の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月4日)
ユネスコ憲章記念日

■明日は何の日?(11月5日)
世界津波の日
縁結びの日
雑誌広告の日
いいりんごの日

■昨日は何の日?(11月3日)
文化の日
まんがの日
ハンカチーフの日

スポンサーリンク



フォローする