11月5日はいいりんごの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

いいりんごの日今日は何の日
11月5日の「今日は何の日?」は「いいりんごの日」です。
また「いいりんごの日」にちなんで「りんごは冷やすと甘くなる」「美味しいりんごの見分け方」などりんごにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月27日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

11月5日はいいりんごの日

今回は「いいりんごの日」について解説していきます!
なぜ11月5日が「いいりんごの日」なのかというと、11月5日という日付が「いい(11)りんご(5)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「いいりんごの日」については青森県によって2001(平成13)年に制定されました。
「いいりんごの日」が制定された2001(平成13)年には「21世紀青森りんご行動計画」が策定されています。

青森県といえばりんごの生産地として全国的に有名ですよね。
2016年の日本国内のりんごの生産量を見ると、全国生産量の約半分を青森県が占めているということがわかり、青森県の産業経済をりんごが支えているのかがわかります。

青森県のりんごといえば「ふじ」が有名な品種となりますが、「ふじ」以外にも「王林」「つがる」「ジョナゴールド」など様々な品種のりんごを出荷しています。
しかし、近年ではりんご農家が高齢化していて労働力が不足していたり、りんご栽培を継ぐ若者がいないことなどが問題となっているそうです。

また、長年にわたってりんごを栽培してきたことから、りんごの樹が老齢化するなど、生産力が少しずつ低迷するなどの問題にも直面しています。

スポンサーリンク

りんごの雑学

今回は「いいりんごの日」にちなんで「りんごの雑学」を紹介します。

りんごは冷やすと甘くなる

りんごは甘くて美味しいものもあれば渋くて酸っぱいものなどもありますよね。
せっかく食べるのであれば甘くて美味しいものを食べたいですよね。

実はりんごは冷蔵庫などで冷やすと甘くて美味しくなるのです。
りんごに含まれている糖は主にブドウ糖と果糖になります。

特に重要なのは果糖であり、果糖にはα型とβ型がありβ型の果糖はα型の3倍甘いというデータがあるのです。
つまりβ型の果糖がたくさん含まれていると甘くて美味しいりんごといえるのですが、α型の果糖については温度が下がるとβ型に変化する性質を持っているのです。

そのため、冷やすことによってβ型の果糖がどんどん増えていくので、果糖が含まれているどんどん甘くて美味しくなっていくんですね。
甘くて美味しいりんごを食べたい場合は、食べる前に必ず冷やすようにしてくださいね。

美味しいりんごの見分け方

りんごは冷やすと甘くて美味しくなることはわかりますが、そもそもりんごを買う段階で美味しいりんごを買いたいですよね。
野菜や果物にはたいてい美味しいものの見分け方がありますが、リンゴに関してはどのようにして美味しいものを見分けるのでしょうか。

甘くて美味しいりんごを見分けるためには、表面がでこぼこしているものを探すのが良いとされています。
これは「いぼり」と呼ばれていて完熟して糖度が高くなると表面がでこぼこになりはじめるからなんですね。

また、ツルの部分が割れているりんごがありますが、傷がついているものだと避けられがちですよね。
これは「ツル割れ」と呼ばれるものであり、しっかりと熟している証拠であり、りんご自体もツル割れを修復しようとするため甘くなるそうです。

最後にりんごの表面がツヤツヤしているものが新鮮で美味しいものなので、ぜひりんごを買う時にはこれらを参考にして買ってみてくださいね。
以上がりんごの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(11月5日)
世界津波の日
縁結びの日
雑誌広告の日
いいりんごの日

■明日は何の日?(11月6日)
お見合い記念日
アパート記念日

■昨日は何の日?(11月4日)
ユネスコ憲章記念日

スポンサーリンク

フォローする