11月8日はいい歯の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

いい歯の日今日は何の日
11月8日の「今日は何の日?」は「いい歯の日」です。

スポンサーリンク



11月8日はいい歯の日

今回は「いい歯の日」について解説していきます!
なぜ11月8日が「いい歯の日」なのかというと、11月8日という日付が「いい(11)は(8)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「いい歯の日」については日本歯科医師会(日歯)によって1993(平成5)年制定された記念日となります。
日本歯科医師会によるとこの日を「いつまでも美味しく、そして、楽しく食事をとるために、口の中の健康を保っていただきたい」という願いを込めた記念日としています。

厚生労働省では「8020運動」というものが推進されていますが、「いい歯の日」についてもこの運動の一環となっています。
「8020運動」というのは「80歳になっても自分の健康な歯を20本以上保つ」ということを目標にした運動となります。

若いうちからちゃんと歯のケアをしていないと、年齢を重ねた時に健康な歯を残しておくことはとても難しいです。
最近では高齢者が増えていわゆる「超高齢化社会」を迎えていますが、入れ歯をしている高齢者の割合は年々減少しているそうです。

これは歯科医療が発達したという事が理由の一つとして挙げられますが、日本人一人一人に予防歯科が普及したことが大きな要因だとされていて、病気になる前に歯医者へ行く人が増えたからだとされています。
皆さんも「いい歯の日」をきっかけにして歯の検診を受けてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



歯の雑学

今回は「いい歯の日」にちなんで「歯の雑学」を紹介します。

病院で抜かれた歯はどうなるの?

歯の治療の一つで「抜歯」というものがありますよね。
虫歯などによってやむなく歯を抜かなくてはならなくなってしまったり、人によっては親知らずが生えてきてしまってそれを抜くという時もあります。

歯医者によっては抜歯後に「抜いた歯をどうしますか?」と聞いてくれて、歯を持ち帰れるようなこともあります。
しかし、抜歯した歯を持ち帰らなかった場合には、その後に自分の歯はどのように処分されているのでしょうか。

歯医者によって対応は違うようですが、あまりにも虫歯などでボロボロになっているような歯は医療廃棄物として処分してしまうそうです。
逆にそこまで損傷の激しくない歯についてはそのままホルマリン漬けにして保存して、大学や専門学校での勉強教材として利用されたり、歯科医の研究材料として利用されるということもあるそうです。

粉じゃないのに歯磨き粉である理由

歯を磨く時には欠かせない歯磨き粉ですが、どう見てもペースト状なのになぜか「歯磨き粉」という名前で不思議に思ったことがありませんか?
実は歯磨き粉が歴史上に初めて登場して商品化されたころには、実際に粉だったそうなんです。

日本初の歯磨き粉が発売されたのは1643年であり、江戸時代のころでした。
当時の歯磨き粉は貝殻の粉末や塩などを混ぜ合わせたものであり、ペースト状ではなく粉状のものでした。

しばらくして明治時代になるとようやくペースト状の歯磨き粉が登場したのですが、200年以上も歯磨き粉という言葉を使っていたため、すっかりと歯磨き粉という言葉が定着していました。
以上のことから、今日にいたるまで歯磨き粉の呼び方は変わっていないのです。

以上が歯の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月8日)
いい歯の日
刃物の日
レントゲンの日

■明日は何の日?(11月9日)
119番の日
換気の日

■昨日は何の日?(11月7日)
立冬
鍋の日

スポンサーリンク



フォローする