11月9日は換気の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

換気の日今日は何の日
11月9日の「今日は何の日?」は「換気の日」です。
また「換気の日」にちなんで「潜水艦の換気はどうやって行っている?」「効率の良い換気方法」など換気にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

11月9日は換気の日

今回は「換気の日」について解説していきます!
なぜ11月9日が「換気の日」なのかというと、11月9日という日付が「いい(11)くう(9)き」という語呂合わせであることが由来となっています。

「換気の日」については日本電機工業会によって1987(昭和62)年に制定された記念日となります。
日本電機工業会によるとこの日を「最近の住宅はアルミサッシの普及等で気密性が高く十分な換気が行われないので、室内の換気を見直してもらう」ということを目的とした記念日としています。

なぜ換気が必要なの?

昔は木材や紙などの天然材料を使って建てられた家が多かったため、意識しなくても自然と換気が行われていたそうです。
最近では冷暖房効果を上げたり、防音性やプライバシーの向上を目的として機密性の高い家屋が増えたことから、意図して換気をしなければならなくなりました。

なぜ換気が必要なのかというと、人間が生活しているだけで二酸化炭素が発生しますし、このシーズンには暖房を使うことから一酸化炭素、他にも窒素酸化物やホルムアルデヒドなどの汚染物質が室内に充満してしまうからなんです。
また、外から塵が室内へと持ち込まれたり、人間の皮膚がはがれおちた垢やそれを餌として繁殖したダニ、いわゆるハウスダストも室内に増えてしまい、アトピー性皮膚炎や気管支喘息といった病気になる可能性もあります。

換気の意識が薄れやすい秋や冬にも意識をして換気をするようにしてくださいね。

スポンサーリンク

換気の雑学

今回は「換気の日」にちなんで「換気の雑学」を紹介します。

潜水艦の換気はどうやって行っている?

ここまで換気について解説して換気の重要性はわかったと思います。
それでは、潜水艦など換気の出来ない場所ではどのようにして酸素などを取り入れているのでしょうか。

原子力潜水艦の場合は、原子炉によって発電されだ電力を使用する事によって、海水を電気分解して酸素を作り出しているそうです。
しかし、酸素を作り出すだけでは人間が吐き出した二酸化炭素の濃度の上昇は止まらないため、二酸化炭素は薬剤などを使って吸収しています。

原子炉を持たない通常の潜水艦は空気を取り入れるシュノーケルという筒を海上にだして空気を取り入れているそうです。
しかし、シュノーケルは浅い場所を航行している時にしか使えないため、深く潜っている時には化学反応によって酸素を発生させて、二酸化炭素は原子力潜水艦と同じで薬剤で吸収しています。

効率の良い換気方法

「食欲の秋」とも言うように秋には美味しい食材が多く、家でも色んな料理を作りたくなる季節でもあります。
特に秋が旬のサンマは家の中で焼くと換気扇を回しても家に匂いがこもって何日も残ってしまう、なんてこともありますよね。

そんな時に試して欲しい換気の方法があります。
窓を2箇所以上開け、風が入ってくる方の窓は15cmくらい、その他の窓は全開にしてみて下さい。

そうすると、家の中に風の通り道ができ、家にこもった空気を外に追い出してくれるのです。
窓を一か所しか開けないと空気の出口がなくなってしまいますが、この方法はきちんと空気の入れ替えを行うことが出来ます。

また、換気扇も併用するとより効果が増すようです。
ただし、換気扇の出口が窓付近にある場合は、せっかく外に追いやった空気をまた家の中に取り込んでしまうことになるので気を付けましょう。

以上が換気の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(11月9日)
119番の日
換気の日

■明日は何の日?(11月10日)
エレベーターの日
トイレの日
技能の日

■昨日は何の日?(11月8日)
いい歯の日
刃物の日
レントゲンの日

スポンサーリンク

フォローする