11月10日はエレベーターの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

エレベーターの日今日は何の日
11月10日の「今日は何の日?」は「エレベーターの日」です。

スポンサーリンク



11月10日はエレベーターの日

今回は「エレベーターの日」について解説していきます!
なぜ11月10日が「エレベーターの日」なのかというと、1890(明治23)年11月10日に東京・浅草の「凌雲閣(りょううんかく)」に設置された日本初の電動式エレベーターが一般公開されたことが由来となっています。

「凌雲閣」はレンガ作りの12階建ての展望塔となっていて、当時の東京の景色が見渡せるスポットとなっていました。
「エレベーターの日」については日本エレベーター協会によって1979(昭和54)年に制定された記念日となります。

日本にも100年以上前からエレベーターがあった事は驚きですが、実は電動式のものでばければエレベーターの歴史はかなり古いのです。
世界最古のエレベーターについては、紀元前に古代ギリシャの物理学者であったアルキメデスによって考案されたものだとされていて、紀元前236年には登場していました。

当時は人を乗せて輸送するものというよりは、重たい荷物を高いところへと運ぶためのものだったそうです。
王族の住む宮殿にも設置されていたようですが、電気式のものではなかったため、当然ですが全てのエレベーターは人力によって動かしていました。

また、世界遺産としても有名なコロッセオでは、剣闘士や猛獣を華々しく登場するための演出としてエレベーターを使用していました。

スポンサーリンク



エレベーターの雑学

今回は「エレベーターの日」にちなんで「エレベーターの雑学」を紹介します。

エレベーターに鏡が設置してある理由

最近設置されているエレベーターに関しては、必ずと言っていいほど大きな鏡が設置されていますよね。
なぜエレベーターに大きな鏡が設置されていると思いますか?

あの鏡は痴漢などの犯罪を防止するためであったり、身だしなみなどを確認するためのものだと思われがちですが違います。
実はあの鏡は健常者のためのものではなく、車いすに乗っている人のためのものだったのです。

車いすに乗っている人がエレベーターに乗る時はそのまま乗りこめばいいですが、出ていく時はバックをしなければいけませんよね。
車いすでバックをする時には視界が悪いため、後ろを確認できるように鏡が設置されているのでした。

鏡の設置については義務化はされていないそうで、バリアフリー化を目指す活動の一環として設置している場所が多いそうです。

エレベーターとエスカレーターはどちらが速い?

「この場合、エレベーターとエスカレーター、どっちで行くべきか…。」と誰しもが一度は思ったことがあるはずです。
一定の速度では進めるけどゆっくりなエスカレーター一気に進めはするけど待ち時間の長いエレベーター、結局どちらが速いのでしょうか。

これはビルの階数や混雑具合、エレベーターの速さ、台数などに大きく左右されて正しく答えを出すことは難しいです。
しかし、だいたいのビルでは1階から乗った場合だと3階までならエスカレーターの方が速いようです。

もちろん自分が乗る階にエレベーターが既に到着していて他に誰も乗る人がいない、なんてケースだと2階でもエレベーターの方が速いこともあります。
逆にエレベーターが混雑している場合だと6階くらいまではエスカレーターで行った方が速いという結果もあります。

結局は状況に応じて、自分で判断するしか無いようです。
ただし、いくら急いでいるからと言ってエスカレーターを歩いたり走ったりするのは事故に繋がりかねないのでやめてくださいね。

以上がエレベーターの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月10日)
エレベーターの日
トイレの日
技能の日

■明日は何の日?(11月11日)
麺の日
ポッキー&プリッツの日
いい買物の日

■昨日は何の日?(11月9日)
119番の日
換気の日

スポンサーリンク



フォローする