11月10日はトイレの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

トイレの日今日は何の日
11月10日の「今日は何の日?」は「トイレの日」です。

スポンサーリンク



11月10日はトイレの日

今回は「トイレの日」について解説していきます!
なぜ11月10日が「トイレの日」なのかというと、11月10日という日付が「い(1)い(1)ト(十)イレ」という語呂合わせであることが由来となっています。

「トイレの日」については日本トイレ協会によって1986(昭和61)年に制定された記念日となります。
毎年の「トイレの日」には日本トイレ協会が主催となって「トイレシンポジウム」を開催しており、公衆トイレを対象とした「グッドトイレ賞」の発表などイベントが開催されています。

また日本トイレ協会が主催によるとこの日を「浄化槽設備の普及拡大や公衆トイレの環境整備の啓蒙」を目的として記念日としています。
つい数十年前までは「汲み取り式便所」と呼ばれるいわゆる「ぼっとんトイレ」が主流となっていましたが、最近では公衆トイレでも「水洗式トイレ」が導入されるようになりましたよね。

ビルなどの商業施設や公衆トイレなどはなんとなく不衛生な感じがすることから使いづらいイメージがありましたが、見た目もどんどんオシャレになってきて、衛生面についてもかなり改善されて使いやすくなりましたよね。
日本は特にトイレに関する技術が発展していて、「音姫」などは日本だけにある文化のようです。

スポンサーリンク



トイレの雑学

今回は「トイレの日」にちなんで「トイレの雑学」を紹介します。

昔の飛行機のトイレは排泄物を外にまき散らしていた

飛行機は長時間フライトすることが前提となっているため、当然ですがトイレが設置されていますよね。
飛行機のトイレの排泄物については流した後に貯蔵しておくためのタンクがあるため、後々それを処理するようにしています。

飛行機のトイレを流した場合には凄い音を立てて排泄物が吸い込まれていきますが、あれは水を流すとどうしても水の量が多すぎてしまうため、気圧の差を利用して排泄物を吸いこんでいるのです。
今では吸い込んだ排泄部をタンクに貯蔵していまsが、なんと昔の飛行機は排泄物をそのまま空中へと撒き散らしていたのです。

なんともショッキングな内容ですが、そのまま撒き散らしてしまうと排泄物が空から降ってくるなんてことになりそうですよね。
しかし、排泄物は空中にまき散らされるのと同時に急激な気圧の変化によって霧状に粉々になってしまうそうなので、地上に落下してくることは無かったそうです。

トイレの便器が白い理由

トイレの便器の色は一部を除けばほとんどが白色をしていて、白色以外の色の便器も販売はされているようですが、全く見かけたことが無いですよね。
なぜここまでトイレの便器の色は白色に統一されているのでしょうか。

これにはちゃんとした理由があるようで、購入者がどんな色の便器を好んでいるのかをメーカーが調査したところ、白色がどんな家のトイレにも合いやすいことから好まれているという結果が出たのです。
確かに最近の家は古い和風の建物は減ってきて洋風の建物が多いですし、白色の便器が合いそうですよね。

さらに、病院や介護施設などでは排泄物の状態を見て健康チェックなどを行っているため、便器に色がついていると健康状態のチェックがしにくくなることから、便器には白色が採用されているそうです。
以上がトイレの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月10日)
エレベーターの日
トイレの日
技能の日

■明日は何の日?(11月11日)
麺の日
ポッキー&プリッツの日
いい買物の日

■昨日は何の日?(11月9日)
119番の日
換気の日

スポンサーリンク



フォローする