11月12日は洋服記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

洋服記念日今日は何の日
11月12日の「今日は何の日?」は「洋服記念日」です。

スポンサーリンク



11月12日は洋服記念日

今回は「洋服記念日」について解説していきます!
なぜ11月12日が「洋服記念日」なのかというと、1872(明治5)年11月12日に「礼服ニハ洋服ヲ採用ス」という太政官布告が出され、それまでの公家風・武家風の和服礼装が廃止されたことが由来となっています。

この太政官布告によって軍人や警察のみならず文官にも洋装が採用されることになりました。
「洋服記念日」については全日本洋服協同組合連合会によって1972(昭和47)年に制定された記念日となります。

明治時代が始まったばかりの頃はまだ江戸時代のしきたりが残っていたため、明治政府の役人についても公家風であったり、武士風の和服を礼装としていました。
しかし、明治時代が到来したことによって外国人が日本に来る機会が増えたため、日本も国際化を進めるために洋装が採用されることになったのです。

その当時の日本では様々な西洋の文化が入ってきたことによって、それまでの暮らしが一気に変わることになってしまったため、困惑する日本人も多かったのではないでしょうか。
現在では日本人の服装はかなり自由なものになっていますが、仮にいきなり明日からイスラム圏の国のような服装しか着てはいけないし、イスラム教に改宗して教えに従わなければならないような状況になったら、かなり困惑してしまいますよね。

スポンサーリンク



洋服の雑学

今回は「洋服記念日」にちなんで「洋服の雑学」を紹介します。

スーツの上着の後ろにある切れ込みは何?

社会人になると普段からスーツを切る機会がかなり増えますよね。
普段からスーツを着ていて上着を着用している時に、上着の後ろに切れ込みが入っていて、この切れ込みは何なんだろう?と不思議に思ったことはありませんか?

そういうデザインとい言われればそれまでなんですが、あの切れ込みには「ベンツ」という名前があって、ちゃんと意味があるんです。
実はあのスーツの切れ込みについては乗馬をする時に動きやすいようにするために工夫されたものなんですね。

現在では騎手ははスーツを着ている訳ではありませんが、スーツが誕生した頃にはまだ乗馬をする機会が多かったのです。
切れ込みがないと生地が突っ張ってしまって非常に動きづらかったため、後ろに切れ込みをいれてひらひらとさせることによって動きやすくしたということですね。

ネクタイは昔お守りだった

ネクタイと言えばスーツに合わせる定番アイテムですが、実は昔は正装というよりはお守りとして使われていたって知っていましたか?
日本以外の地域ではネクタイは「クラバット」と呼ばれていることの方が多いんですが、「クラバット」は元々は戦争へ向かう兵士たちが身につけていたものなのです。

戦争へ行く恋人が無事に帰ってこられるように願いながら首に布を巻いてもらったことが「クラバット」の始まりだとされています。
このころにはまだ「クラバット」という呼び方はされていなかったのですが、クロアチアの兵士が首に布を巻いているのを見たルイ14世が兵士に「あれは何だ?」と尋ねたところ、側近の兵士がクロアチアの兵士という意味で「クラバット」と答えたことから、「首の巻物=クラバット」となったのです。

元々は戦地の兵士がお守りとして巻いていたものが、やがて宮廷のファッションとして広まっていき、現在のように正装として使われるようになったのでした。
以上が洋服の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月12日)
洋服記念日
皮膚の日

■明日は何の日?(11月13日)
うるしの日

■昨日は何の日?(11月11日)
麺の日
ポッキー&プリッツの日
いい買物の日

スポンサーリンク



フォローする