11月13日はうるしの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

うるしの日今日は何の日
11月13日の「今日は何の日?」は「うるしの日」です。

スポンサーリンク



11月13日はうるしの日

今回は「うるしの日」について解説していきます!
なぜ11月13日が「うるしの日」なのかというと、平安時代の11月13日に文徳天皇の第一皇子・惟喬(これたか)親王が京都・嵐山の法輪寺に参籠し、その満願の日のこの日に漆の製法を菩薩から伝授したとされる伝説が残っていることが由来となっています。

「うるしの日」については日本漆工芸協会によって1985(昭和60)年に制定された記念日となります。
毎年の11月13日は以前から漆関係者の祭日であり、親方が職人に酒や菓子などを配り労をねぎらう日とされてきました。



職人の技によって作られた漆塗りの器は海外でも高く評価されていて、外国人観光客がお土産として買っていくことも多いそうです。
また、英語で漆器のことを「japan」と呼んでいることもあり、漆塗りの技術は日本が世界に誇れる技術の一つであることがわかりますよね。

日本の漆塗りに関する工芸の技術は奈良時代に生まれたものであり、鎌倉時代までに技術が発展して完成されたといわれています。
江戸時代には漆塗りの技術は更に発展し、遂には芸術的な価値を持つような工芸となり、その技が現代は引き継がれているそうです。

漆塗りの器といえば重箱などを想像しますが、和食を重箱に入れるとより和食が引き立って上品に見えますよね。

スポンサーリンク



漆の雑学

今回は「うるしの日」にちなんで「漆の雑学」を紹介します。

漆の器に入れた料理は腐りにくい

和食の代表であるおせち料理などは重箱に盛り付けるというイメージがありますよね。
実は漆塗りで作られた重箱などの器に料理を盛り付けて保存しておくと、料理が腐りにくくなるとされているのです。

そもそも冷蔵庫というものが誕生したのは近代のことであり、おせち料理などをたくさん作った時には重箱に入れて、冷蔵庫に入れない状態で保存することもあったのです。
漆塗りの器に入れた料理は腐りにくいという言い伝え以外にも、漆塗りの桶に入れた水は腐らないからいつまでも飲めるという言い伝えや、漆塗りの容器に行けた花は長生きするなどの言い伝えも残っています。

実は科学的な根拠もあって、様々な実験を行った結果、漆には抗菌作用があるという事が裏付けされています。
漆塗りは料理を上品にみせるだけではなく、料理を長持ちまでさせてしまうとても便利なものだったんですね。

乾いていない漆に触ってはいけない

乾いていない漆に触ってしまうと「うるしかぶれ」といって肌がかぶれてしまうため、触ってはいけないことを知っていましたか?
うるしかぶれについては「アレルギー性接触皮膚炎」という皮膚炎の一種となります。

なぜ乾いていないうるしに触るとかぶれてしまうのかというと、うるしの主成分であるウルシオールと、皮膚のたんぱく質がアレルギー反応を起こしてしまうからなんです。
乾いていないうるしに触る機会はあまりないかもしれませんが、夏にうるしの木から樹液が出ている場合についつい触ってしまいかぶれるケースがあるそうです。

もちろん乾いている状態の漆器などをさわってもかぶれませんし、料理を盛り付けたとしても健康に全く害はないので安心してください。
以上が漆の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月13日)
うるしの日

■明日は何の日?(11月14日)
いい石の日
アンチエイジングの日

■昨日は何の日?(11月12日)
洋服記念日
皮膚の日

スポンサーリンク



フォローする