パチンコの日の由来と面白い雑学、11月14日の今日は何の日?

パチンコの日今日は何の日
11月14日の「今日は何の日?」は「パチンコの日」です。
また「パチンコの日」にちなんで「パチンコ屋に時計がない理由」「ギャンブルが由来の食べ物」などギャンブルにまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

11月14日はパチンコの日

今回は「パチンコの日」について解説していきます!
なぜ11月14日が「パチンコの日」なのかというと、1966年11月14日に全国遊技業協同組合連合会(現 全日本遊技事業協同組合連合会)が正式に通産省から認可を受けたことが由来となっています。

「パチンコの日」という記念日については同会によって1979年に制定された記念日となります。
元々は「パチパチ」という語呂合わせから8月8日を「パチンコの日」とする案もあったそうです。

しかし、この業界では2月と8月が「ニッパチ月」と呼ばれていて、客の数が減る月にあたることから11月となったそうです。
11月にはボーナス期を控えていることから、客の増加が見込まれることも11月を「パチンコの日」とした由来になっています。

「パチンコ」という名称については、玉をはじいた時に「パチン」という音がすることから、接尾語の「コ」を付け加えて「パチンコ」になったんですね。
他にもY字形の木にゴムをつけて小石や玉を飛ばす遊具の「パチンコ」がありますが、こちらについても同様の由来から「パチンコ」と名付けられたそうです。

スポンサーリンク

ギャンブルの雑学

パチンコの日今日は何の日
今回は「パチンコの日」にちなんで「パチンコ屋に時計がない理由」「ギャンブルが由来の食べ物」などギャンブルにまつわる面白い雑学を紹介します。

パチンコ屋に時計がない理由

普段からパチンコ屋によく行くという人はお気づきかもしれませんが、実はパチンコ屋には時計がついていないのです。
一般的なお店には必ずといっていいほど時計が設置されているものですが、なぜパチンコ屋には時計がついていないのでしょうか。

実は、パチンコ屋では時間を忘れさせるためにあえて時計を設置しないようにしているんですね。
パチンコは勝つ人もいますが、負ける人の方が多いため商売が成り立っていますよね。

そのため、時間を忘れさせて長い時間パチンコをしてもらった方が、もちろんパチンコ屋の儲けが増えるということなんです。
パチンコを打っている際に外の景色が見えないようになっているのも、時間の経過がわからないようにするための工夫の一つとなっています。

スポンサーリンク

ギャンブルが由来の食べ物

実はギャンブルが由来となって誕生した食べ物があるのはご存じですか?
かなり有名な雑学ですが、「サンドイッチ」についてはギャンブルの片手間に食べられるように考案されたと言われていますよね。

日本の食べ物にもギャンブルが由来で誕生した食べ物があります。
実はお寿司の「鉄火巻き」については、ギャンブルが由来で誕生したものなんですね。

「鉄火」とは鍛冶屋が熱くなった鉄を打つ時に出る火花のことであり、「火花を散らす場所=賭博場=鉄火場」というようになりました。
鉄火場で賭博をしながらでも食べられる巻物であることから「鉄火巻き」という名前になったんですね。

以上がギャンブルの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(11月14日)
いい石の日
アンチエイジングの日
パチンコの日
ひよこの日

■明日は何の日?(11月15日)
ボジョレーヌーボー解禁日
七五三
昆布の日
かまぼこの日
きものの日
お菓子の日
中華の日

■昨日は何の日?(11月13日)
うるしの日
いいひざの日
茨城県民の日
一汁三菜の日
王様の食パンの日