11月15日はかまぼこの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

かまぼこの日今日は何の日
11月15日の「今日は何の日?」は「かまぼこの日」です。
また「かまぼこの日」にちなんで「ちくわを昔はかまぼこと呼ばれていた」「かまぼこが板にのっている理由」などかまぼこにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

11月15日はかまぼこの日

今回は「かまぼこの日」について解説していきます!
なぜ11月15日が「かまぼこの日」なのかというと、かまぼこという食べ物が歴史上で初めて登場したのが平安時代であり「1115年」のことだったということが由来となっています。

平安時代から残されている当時の古い文献には、祝いの席でかまぼこをたべている様子が描かれているそうです。
かまぼこが約900年も前から食べられていたなんてとても意外ですよね。

また、11月15日は七五三であり、七五三には子供の成長を願って紅白のかまぼこを食べる習慣があったことも由来の一つとなっています。
「かまぼこの日」については全国かまぼこ連合会によって1983(昭和58)年に制定された記念日となります。

かまぼこはとても歴史の古い食べ物であることから、様々な製法が存在しています。
その製法によってもかまぼこの種類は変わってきて、例えば杉などの小板に半円筒形にいわゆるかまぼこ型にもりつけたものについては「板かまぼこ」と呼ばれており、これが一般的なかまぼこですよね。

「板かまぼこ」以外にも、麦わらなどに巻きつけて作られる「巻かまぼこ」薄く削ったかまぼこを乾燥させて作られる「削りかまぼこ」などがあります。
「かまぼこの日」にはぜひかまぼこを買って食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

かまぼこの雑学

今回は「かまぼこの日」にちなんで「かまぼこの雑学」を紹介します。

ちくわを昔はかまぼこと呼ばれていた

かまぼこも魚のすり身料理ですが、他にもちくわという魚のすり身料理がありますよね。
実は昔は「ちくわ」という名前の食べ物は存在していなくて、「ちくわ」のことを「かまぼこ」と呼んでいたのは知っていましたか?

そもそも「かまぼこ」というものが歴史上に登場した頃には、現在のような板かまぼこは主流ではなく、棒に巻き付けたちくわの形状をしたものをかまぼこと呼んでいました。
棒に巻き付けられたかまぼこが蒲の穂に似ていた事から「蒲鉾(かまぼこ)」という名称になったんですね。

時代が経過していくと、現代のような板の上に魚のすり身を乗せた板かまぼこが登場したのですが、こちらが「かまぼこ」として主流になっていき、昔ながらのかまぼこについては、切り口が筒状で竹の輪に似ている事から「竹輪(ちくわ)かまぼこ」と呼ばれるようになりました。
そして、いつしか「竹輪かまぼこ」は「ちくわ」と呼ばれるようになったのでした。

かまぼこが板にのっている理由

かまぼこといえば何故かお皿ではなく木の板に乗っているイメージがありますよね。
なぜかまぼこは板に乗せられているのでしょうか。

かまぼこが板に乗っている理由は二つあり、一つめはかまぼこに含まれている水分が関係しています。
かまごこは製造過程は加熱してから冷却をして保存をするという内容になっていますが、この途中でかまぼこから水分が出てきます。

お皿などに乗せてしまうと水分を吸ってくれないのですが、かまぼこに使われる板は適度に水分を吸収し調節まで行ってくれるので、かまぼこの品質と鮮度を保ってくれるのです。
また、かまぼこを半円形にするときに木の板があると整えやすいことも理由の一つのようです。

以上がかまぼこの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(11月15日)
七五三
昆布の日
かまぼこの日

■明日は何の日?(11月16日)
ボジョレーヌーボー解禁日
幼稚園記念日
録音文化の日

■昨日は何の日?(11月14日)
いい石の日
アンチエイジングの日

スポンサーリンク

フォローする