11月16日は幼稚園記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

幼稚園記念日今日は何の日
11月16日の「今日は何の日?」は「幼稚園記念日」です。

スポンサーリンク



11月16日は幼稚園記念日

今回は「幼稚園記念日」について解説していきます!
なぜ11月16日が「幼稚園記念日」なのかというと、1876(明治9)年11月16日に日本初の官立幼稚園である東京女子師範学校附属幼稚園(現在のお茶の水女子大学附属幼稚園)が東京・神田に開園したことが由来となっています。

2017年現在から約140年も前から幼稚園というものが存在していたのには驚きですよね。
当時の幼稚園に入園できたのは、上流階級の幼児50人ほどしかいなかったそうです。

東京女子師範学校附属幼稚園には140年の歴史がありますが、140年間ずっと順風満帆という訳にはいきませんでした。
まずは、幼稚園が始まってから8年目である1884(明治17)年には大暴風雨の影響によって園舎が破壊されてしまったのです。

その後は1886(明治19)年に園舎が新築されるまでには、食堂などで保育などが続けられていたそうです。
1923(大正23)年にも関東大震災の影響で園舎が火災によって焼失することとなりました。

第二次世界大戦末期である1945(昭和20)年にも戦争の影響で一時的に閉園するなど、お茶の水幼稚園は様々な困難を乗り越えて今現在も運営されているのでした。

スポンサーリンク



幼稚園の雑学

今回は「幼稚園記念日」にちなんで「幼稚園の雑学」を紹介します。

幼稚園と保育園の違いとは?

小さい子供を預けるための施設として「幼稚園」と「保育園」というものがありますよね。
それではこの「幼稚園」と「保育園」にはどのような違いがあるのでしょうか。

まずは「幼稚園」についてですが、幼稚園は小学校や中学校と同じで教育を行う学校ということになっているため、文部科学省の管轄となっています。
満3歳~5歳の子供が教育を受けることができるようになっていて、基本的には9時~14時の5時間を使って授業を行っています。

続いて「保育園」についてですが、保育園は親の代わりにに子供を育てて面倒を見るための施設であって、厚生労働省の管轄となっています。
預けられる子供の年齢は0歳~5歳と幼稚園よりも幅広くなっていて、9時~17時と預けていられる時間が長いため、働いている親などが子供の面倒を見てもらうために預かってもらうケースが多いようです。

幼稚園のクラス分けの仕方

幼稚園のクラス分けについては無作為に行われている訳ではなく、基準を設けてクラス分けをしているそうです。
主な基準は3つあるそうなので、一つ一つ紹介していきます。

まずは入園する園児の「通園環境」が基準となっているそうです。
なるべく同じクラスの園児たちの自宅が同じ範囲内にかたまりすぎないようにして、近所以外にも幅広い交流が出来るようにしたり、逆にバスで送り迎えするために同じ地域に住んでいる園児だけのクラスを作ったりもするそうです。

また、お誕生日会を開く都合であったり、園児の場合は4月生まれと3月生まれに成長・発達の差があることから、「誕生日」によってクラス分けがされる場合もあります。
園児たちの性格」によってもクラス分けが変わる事もあり、性格にもなるべくバラつきが出るようにしているそうです。

以上が幼稚園の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月16日)
ボジョレーヌーボー解禁日
幼稚園記念日
録音文化の日

■明日は何の日?(11月17日)
将棋の日
レンコンの日

■昨日は何の日?(11月15日)
七五三
昆布の日
かまぼこの日

スポンサーリンク



フォローする