11月16日は録音文化の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

録音文化の日今日は何の日
11月16日の「今日は何の日?」は「録音文化の日」です。

スポンサーリンク



11月16日は録音文化の日

今回は「録音文化の日」について解説していきます!
なぜ11月16日が「録音文化の日」なのかというと、1878(明治11)年11月16日に蓄音機を使って日本初の録音・再生の実験が行われたことが由来となっています。

蓄音器による録音・再生の実験を行ったのはジェームズ・ユーイングという人物であり、日本へは東京大学にお雇い外国人教師として招聘されて来ていました。
「録音文化の日」については日本記録メディア工業会によって制定された記念日となります。

蓄音器のような録音装置についてはエジソンによって発明されたものとされていますが、実は1857年にフランス人のエドゥアール=レオン・スコット・ド・マルタンヴィルによって開発されていました。
フォノトグラフという装置でしたが、音を記憶する装置では世界最古のものとなっています。

しかし、フォノトグラフは波形として音を記憶することは出来たものの再生する手段が無かったそうで、後にエジソンなどによって改良や発明が続けられた結果、再生も可能となったのです。
再生から録音まで可能にして実用化まで出来るようにしたのがエジソンだったというわけですね。

ちなみに、歴史上初のレコーディングはエジソンの依頼によってブラームスが演奏した「ハンガリー舞曲第一番」と「ポルカ・マズルカ」だったそうです。

スポンサーリンク



録音の雑学

今回は「録音文化の日」にちなんで「録音の雑学」を紹介します。

録音した自分の声が違う声に聞こえる理由

自分の声を録音して聞いた事はありますか?
現代では動画やカラオケなどで自分の声を聞く機会がたくさんあるため、おそらく自分の声を録音して一度は聞いたことがあると思いますが、なんか違和感があって気持ち悪く、普段耳にしている自分の声とは違うように聞こえますよね。

なぜ録音した声と喋った時に聞こえてくる自分の声が違うように聞こえるのかというと、自分の発した声は耳だけで聞いているのではなく、頭蓋骨や口腔などの色々な部分が振動することによって聞こえているからなのです。
この音の伝わる仕組みの事を「骨伝導」というそうです。

録音した声に関しては空気の振動によって伝わる音のみが録音されているため、骨などが振動したものと合わさって聞こえている普段の自分の声とは違うものに聞こえるんですね。

CDの録音時間が74分42秒の理由

CDの録音時間の長さは74分42秒という長さになっていますが、なぜこの時間が設定されたかを知っていますか?
CDという記録媒体はフィリップス社とソニー社によって合同で開発されたのですが、当時ソニー社は録音時間が75分の規格を提示し、フィリップス社は録音時間が60分の規格を提示していました。

ソニー社はとにかく大容量で長い時間録音できることにこだわりを持っていたため、世界的にも有名なクラシックの「第九」が1枚のCDに録音できることを目指していました。
そこで、世界的な指揮者として知られるカラヤンが指揮した「第九」の演奏時間を引きあいに出して、カラヤン指揮の「第九」の演奏時間が74分であることから、最後にはCDの録音時間が74分42秒という規格が採用されることになったのでした。

以上が録音の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月16日)
ボジョレーヌーボー解禁日
幼稚園記念日
録音文化の日

■明日は何の日?(11月17日)
将棋の日
レンコンの日

■昨日は何の日?(11月15日)
七五三
昆布の日
かまぼこの日

スポンサーリンク



フォローする