11月17日は将棋の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

将棋の日今日は何の日
11月17日の「今日は何の日?」は「将棋の日」です。
また「将棋の日」にちなんで「804枚の駒を使う将棋がある」「王将の駒を作ったのは豊臣秀吉」など将棋にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

11月17日は将棋の日

今回は「将棋の日」について解説していきます!
なぜ11月17日が「将棋の日」なのかというと、将棋好きで知られる江戸幕府8代将軍の徳川吉宗が、11月17日を「お城将棋の日」とし、年に1回の御前対局を制度化したことが由来となっています。

「将棋の日」については日本将棋連盟によって1975(昭和50)年に制定された記念日となります。
日本の将棋人口は500万人を超えているともされていて、11月17日の前後には将棋に関するイベントなどが開催されているそうです。

2017年現在では藤井聡太4段が29連勝を達成してメディアの注目をかなり集めていますよね。
遂には藤井聡太4段のグッズまで販売されるなど、再び日本で将棋ブームが巻き起ころうとしています。

実際に藤井聡太4段の効果なのか、さっそく将棋教室などに入会する子供たちが増えているそうです。
現在では将棋の世界もIT化していて、プロ棋士の方もパソコンに向かいながら日々将棋の研究をしていますよね。

また、最強の将棋AIを決める大会や、将棋AIとプロ棋士が戦ったらどちらが強いかなど、面白い企画もネットを使って配信されるようになりました。
昔から将棋が好きだという方は「将棋の日」をきっかけにしてまた将棋を打ち始めてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

将棋の雑学

今回は「将棋の日」にちなんで「将棋の雑学」を紹介します。

804枚の駒を使う将棋がある

一般的な将棋で使われる盤の大きさは縦横が9×9マスになっていて、使われる駒は「玉(王)」「飛車」「角」「金」「銀」「桂馬」「香車」「歩」の8種類ですよね。
いわゆるこのオーソドックスな将棋のことを「本将棋」と呼ぶのですが、これ以外にも様々なルールの将棋が存在しているのです。

「本将棋」よりもかなりスケールを大きくした将棋で「大局将棋」と呼ばれるものがあるのですが、なんと使われる盤は縦横が36×36であり、駒の種類は209種類で804枚の駒を配置して行う将棋なんです。
本将棋ですら一局打つのにかなり時間がかかってしまうのに、このスケールの大きさではいつまで経っても終わる気がしないですよね。

もちろん209種類の駒もそれぞれ動きが決められているため、ルールを暗記するのですらかなり時間がかかります。
実際に大局将棋が行われると終局までは数千手かかり、数十時間も時間を使うそうです。

王将の駒を作ったのは豊臣秀吉

将棋を打つ時には格上の方が「王将」を使って、格下の方が「玉将」を使用するものですが、実は昔は「王将」という駒はなく、どちらも「玉将」を使って対局をしていたのです。
それでは将棋で「王将」が使われるようになったのはいつごろなのかというと、諸説ありますが豊臣秀吉の考案によって「王将」が使われ始めたとされています。

豊臣秀吉は将棋好きだったことで知られていますが、「玉という駒では宝という意味になってしまうから王を作れ」と命じたことから「王将」という駒が生まれることになりました。
また、豊臣秀吉は「王将」ではなく「大将」という駒を作らせて将棋で使っていたという説も残っていて、秀吉がいかに将棋好きだったのかがよくわかりますよね。

以上が将棋の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(11月17日)
将棋の日
レンコンの日

■明日は何の日?(11月18日)
土木の日
いい家の日
音楽著作権の日

■昨日は何の日?(11月16日)
ボジョレーヌーボー解禁日
幼稚園記念日
録音文化の日

スポンサーリンク

フォローする