ドラフト記念日の由来と面白い雑学、11月17日の今日は何の日?

ドラフト記念日今日は何の日
11月17日の「今日は何の日?」は「ドラフト記念日」です。
また「ドラフト記念日」にちなんで「どこに球を投げてもストライクとなる場合がある」「サイヤング賞のサイヤングって?」など野球にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

スポンサーリンク

11月17日はドラフト記念日

今回は「ドラフト記念日」について解説していきます!
なぜ11月17日が「ドラフト記念日」なのかというと、1965年11月17日に第一回プロ野球新人選択会議(ドラフト会議)が開催されたことが由来となっています。

第一回ドラフト会議では読売ジャイアンツのV9時代にエースとして活躍した堀内恒夫などの選手が一位指名されました。
堀内恒夫は後に読売ジャイアンツの監督に就任し、その後は政治家になるなど活動の幅を広げました。

ところで、ドラフト会議の「ドラフト」ってどういう意味かよくわからないという人も多いのではないでしょうか。
ドラフトという言葉には「原稿」「下書き」「設計図」「通風」「徴兵」「選抜」「引く」「たる抜き」など様々な意味があります。

ドラフト会議のドラフトは「徴兵する」や「選抜する」という意味に該当し、つまりドラフト会議は人を選抜する会議のことなんですね。
実際にドラフト会議の正式名称は「新人選手選択会議」であり、「選択(選抜)」という言葉が使われていることがわかります。

スポンサーリンク

野球の雑学

ドラフト記念日今日は何の日
今回は「ドラフト記念日」にちなんで「どこに球を投げてもストライクとなる場合がある」「サイヤング賞のサイヤングって?」など野球にまつわる面白い雑学を紹介します。

どこに球を投げてもストライクとなる場合がある

あまり知られていない野球のルールについて解説します。
ピッチャーはストライクゾーンに投げ込むか、または空振りやファウルボールにしなければストライクは取れないと思われていますよね。

しかし、どこにボールを投げ込んだとしてもストライクとなる場合があるのです。
それは、バッターが打撃姿勢をとらなかった場合なんですね。

バッターの打撃姿勢を取らない場合、つまり打撃姿勢をずっと見せなければ野球素人でも簡単にストライクを取ることが出来るのです。
そのため、0ストライク3ボールで全くスイングする気のない場面でも、一応はバットを構えているんですね。

スポンサーリンク

サイヤング賞のサイヤングって?

メジャーリーグでは「サイヤング賞」というピッチャーに贈られる章がありますよね。
この「サイヤング」とは、メジャーリーグで活躍した実在した選手の名前だったってご存じでしたか?

サイヤングはメジャーリーグ史上で最もたくさん投げて、そして最も多く勝った投手だったのです。
通算で511勝316敗、防御率2.63、2803奪三振を記録しており、彼の活躍からその年で最も活躍したピッチャーに「サイヤング賞」が贈られるようになったんですね。

また、実は「サイヤング」とはニックネームであり本名は「デントン・トゥルー・ヤング」となっています。
彼の投げるボールがまるで「サイクロン(竜巻)」のようであったことから、「サイクロン・ヤング」略して「サイ・ヤング」となったのでした。

以上が野球の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(11月17日)
将棋の日
レンコンの日
ドラフト記念日
いなりの日
減塩の日

■明日は何の日?(11月18日)
土木の日
いい家の日
音楽著作権の日
雪見だいふくの日
ホタテの日
防犯の日

■昨日は何の日?(11月16日)
幼稚園記念日
録音文化の日
ぞうさんの日
エコの日
トロの日