11月18日は音楽著作権の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

音楽著作権の日今日は何の日
11月18日の「今日は何の日?」は「音楽著作権の日」です。
また「音楽著作権の日」にちなんで「音楽著作権の日の雑学」「本人が歌っても著作権が発生する場合」など音楽著作権にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

11月18日は音楽著作権の日

今回は「音楽著作権の日」について解説していきます!
なぜ11月18日が「音楽著作権の日」なのかというと、1939(昭和14)年11月18日に日本音楽著作権協会(JASRAC)が設立されたことが由来となっています。

JASRACといえば最近何かとテレビで聞くようになりましたが、まさか戦前から設立されていたのはかなり意外ですよね。
そもそもなぜここまで最近になって急に音楽著作権について騒がれるようになったのかというと、インターネットがここ10~20年で急速に発展してきたことが背景となっています。

昔は音楽といえばCDショップなどで購入するしかありませんでしたが、現在では動画サイトなどに違法にアップロードされてしまった結果、それをダウンロードする事も可能になってしまったのです。
その結果として著作権を保有している作曲者や編曲者に正当な報酬が払われなくなったりするなど、著作権の侵害が多発していることからJASRACという団体名を聞くようになったのでした。

JASRACの目的としては音楽の著作権を保護することはもちろんのこと、音楽などの著作物の利用を図ってより音楽文化を発展させることにあります。
しかし、最近では著作権料の徴収について不満も囁かれるようになったため、今後JASRACがどうなっていくのか注目されています。

スポンサーリンク

音楽著作権の雑学

今回は「音楽著作権の日」にちなんで「音楽著作権の雑学」を紹介します。

クラシックの多くに著作権が無い理由

クラシック音楽の多くに著作権が無い事から、クラシック音楽には著作権が無いと思われがちですよね。
しかし、クラシック音楽には確かに著作権が無いものも多いですが、逆に著作権が存在するものもあるんです。

そもそもなぜクラシック音楽に著作権が無いものが多いのかというと、著作権の保護期間に関係があります。
実は著作権の保護期間については著作者が亡くなってから50年までと決められているのです。

有名なクラシック音楽を作曲して活躍したベートーベンやモーツァルトといった人物については、50年以上前に亡くなっているケースが多いため、著作権の保護期間が切れてしまって、著作権が無くなっているんですね。
しかし、クラシック音楽だからといって著作権が無いわけではなく、有名曲の中にも著作者の死後50年が経過していないものもありますので注意が必要です。

本人が歌っても著作権が発生する場合

音楽著作権については作曲者や編曲者の著作物を保護するためにあるものです。
しかし、作曲をしたアーティスト本人がテレビ出演をしてJASRACによって管理されている楽曲を歌うと、なんと著作権料が発生してしまうのです。

なんだか納得がいかないような気がしますが、テレビ番組では様々な音楽やBGMや音が使われているため、あらかじめ年間の包括契約として一括で著作権料を支払っているのです。
そのため、仮にアーティスト本人が著作権料はいらないといっても、著作権料は絶対に発生してしまうんですね。

その著作権料が全てアーティスト本人に支払われるのであればいいのですが、一旦JASRACをはさんでの支払いとなるため、アーティストに支払われる著作権料はほんのわずかだとされています。
以上が音楽著作権の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(11月18日)
土木の日
いい家の日
音楽著作権の日

■明日は何の日?(11月19日)
世界トイレデー
農協記念日

■昨日は何の日?(11月17日)
将棋の日
レンコンの日

スポンサーリンク

フォローする