11月20日はピザの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ピザの日今日は何の日
11月20日の「今日は何の日?」は「ピザの日」です。
また「ピザの日」にちなんで「ピザにタバスコをかけるのは日本人だけ」「宅配ピザの値段が高い理由」などピザにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月22日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

11月20日はピザの日

今回は「ピザの日」について解説していきます!
なぜ11月20日が「ピザの日」なのかというと、11月20日がピザの原型となったピッツァ・マルゲリータ誕生に関係した、ウンベルト1世の妻・マルゲリータの誕生日であることが由来となっています。

「ピザの日」については、凸版印刷によって1995年に制定された記念日となります。
凸版印刷によるとこの日を「ピザをイタリア文化のシンボルとしてPRする」ということを目的とした記念日としています。

有名な雑学にはなりますが、ピザの中でも最もオーソドックスなマルゲリータについては人の名前が由来になっているんですね。
もともとはパンの一種だったピザですが、そのピザを見たマルゲリータ王妃が、ピザに乗っている食材のバジリコの緑モッツァレラチーズの白トマトソースの赤がまるでイタリアの国旗を表しているようであることから、そのピザをとても気に入って、自らの名前をつけたとされています。

また、イタリア国民がマルゲリータ王妃に対して感謝の意を込めて命名したともいわれていて、マルゲリータの名前の由来は諸説あるようです。
現在ではイタリア料理店などに行くと様々な種類のピザが食べられますが、間違いなくマルゲリータは美味しいですし、必ず1枚は注文してしまいますよね。

スポンサーリンク

ピザの雑学

今回は「ピザの日」にちなんで「ピザの雑学」を紹介します。

ピザにタバスコをかけるのは日本人だけ

ピザにかける調味料として定番なものといえば「タバスコ」ですよね。
しかし、実はピザにタバスコをかけるのは日本人ぐらいで、ピザの本場であるイタリアではもちろんのこと、海外でピザを食べる時にタバスコは使われていないという事を知っていましたか?

そもそもタバスコという調味料に関してはアメリカのマケルヘニー社の商品であるため、イタリア料理とは関係が無いのです。
タバスコの生産地のアメリカでさえピザにタバスコをかけておらず、メキシコ料理にかけたり、ハムエッグなどの卵料理にかけるのが一般的な使い方となっているそうです。

そのため、イタリア人などが日本にきてピザを食べようとしたら、周囲の人が見たことのない調味料をかけて食べていて驚かれてしまうかもしれませんね。

宅配ピザの値段が高い理由

実際にレストランに行って食べるピザに比べて、宅配ピザって割高な気がしますよね。
1枚2~3000円程度はしてしまうので、パーティーなど滅多なことがなければ中々手を出しにくいものです。

実際に宅配ピザの原価は300円程度と言われています。
原価は安いのに、どうしてもこんなにも高い値段設定にされているのでしょうか。

宅配ピザのコストのほとんどはその宅配料にあります。
ピザを運ぶ人件費、ガソリン代、車両メンテナンス代…など、意外とこの部分が大きく占めているのです。

例えばピザ1枚を運ぶのに往復40分とすると、時給900円のバイトなら600円分の配達料がかかってきます。
おまけに注文が少ない時間帯は人件費も余計にかさんでしまいますよね。

なので宅配ピザはテイクアウトでの割引に積極的なのです。
テイクアウトして貰えれば、例え半額でも利益は出るようです。

以上がピザの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(11月20日)
ピザの日
毛皮の日
いい乾物の日

■明日は何の日?(11月21日)
インターネット記念日
世界テレビ・デー

■昨日は何の日?(11月19日)
世界トイレデー
農協記念日

スポンサーリンク

フォローする