11月20日はいい乾物の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

いい乾物の日今日は何の日
11月20日の「今日は何の日?」は「いい乾物の日」です。

スポンサーリンク



11月20日はいい乾物の日

今回は「いい乾物の日」について解説していきます!
なぜ11月20日が「いい乾物の日」なのかというと、干物の「干」の字が「十」「一」からなることから11月、乾物の「乾」の字が「十」「日」「十」「乞」からなることから20日ということが由来となっています。

「いい乾物の日」については日本かんぶつ協会によって2010年に制定された記念日となります。
日本かんぶつ協会によるとこの日を「日本の伝統的な食文化である乾物を味わい、楽しみ、学ぶ日」として制定したそうです。

世界的にもあまり乾物という食文化は見られず、海産物や農産物を乾燥させて作られる乾物については、日本が誇る伝統的な食文化といってもいいですよね。
普段はお酒のつまみなどで活躍することが多く、旨みが凝縮された味がして噛めば噛むほど美味しいですよね。

和食を作る時には出汁を取るための食材としてとても便利ですし、乾物は日本の食卓には欠かせない存在となっています。
普段は洋食ばかり作って食べているという人も「いい乾物の日」にはぜひ和食などを中心にして、乾物で出汁をとって食べてみたり、干物を買ってお酒のおつまみにしたりして、日本の乾物というものを味わってみてくださいね。

スポンサーリンク



乾物の雑学

今回は「いい乾物の日」にちなんで「乾物の雑学」を紹介します。

なぜ魚を干すと美味しくなるの?

魚などを干物にして食べるとうまみが出てて本当に美味しくなりますよね。
しかし、そのまま食べても美味しいはずなのに干しただけでなぜあんなに美味しくなるのでしょうか。

その理由の一つとして、干されたことによって水分量が減り、うまみ成分が濃縮されることがあげられます。
また、タンパク質の分解酵素が働くことによってうまみ成分であるアミノ酸が増えるのです。

また、干物を作る前には塩水に漬けて下処理を行いますが、塩水に漬けることによって魚の表面の筋繊維が膨れ上がり、魚に含まれるうまみ成分が残りやすくなります。
更に、天日干しなどによって作られた干物に関しては表面に膜が出来るのですが、この膜にうまみ成分が凝縮されるのです。

干物を焼き魚にした時も、実は鮮魚をそのまま焼き魚にする時よりも最終的な水分量が多くなるため、ジューシーで美味しくなるということもあげられます。

干物が長持ちする理由

海に囲まれた日本は魚が多く獲れ、それらを保存する方法もたくさん持っています。
魚を干物にするのも保存方法の一つですが、なぜ干物にすると長持ちするのでしょうか。

腐る理由の一つとして細菌やカビなどが増殖してしまうことが挙げられますが、乾燥していれば増殖もできません。
魚は乾かすことによって、細菌やカビなどに汚染されることを防いでいるのです。

また、干物を作る工程に塩水に漬けることがあります。
浸透圧の関係で余計な水分を出し、また塩には殺菌作用がある為、これも干物が長持ちする理由の一つでもあります。

奈良時代には都への献上品として干物は作られていたと言われています。
新鮮な魚は届けられないものの、知恵を絞り、干物として奈良まで届けていたのですね。

以上が乾物の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月20日)
ピザの日
毛皮の日
いい乾物の日

■明日は何の日?(11月21日)
インターネット記念日
世界テレビ・デー

■昨日は何の日?(11月19日)
世界トイレデー
農協記念日

スポンサーリンク



フォローする