2017年11月22日は小雪、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

小雪今日は何の日
11月22日の「今日は何の日?」は「小雪」です。
また「小雪」にちなんで「雪は白色ではない」「雨が凍って雪になるわけではない」など雪にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

11月22日は小雪

今回は「小雪」について解説していきます!
「小雪」とは「しょうせつ」と読み、二十四節気の一つとなります。

二十四節気という言葉については聞いた事がないという人が多く、あまり耳馴染みのない言葉かもしれません。
しかし、実は季節の移り変わりを重要視している日本の文化の中で、二十四節気は色々な場面で登場しているのです。

日本には「四季」という言葉があってこれは春夏秋冬を表す言葉となりますが、「二十四節気」についても更に細かく季節を表す言葉になります。
「二十四節気」は一年間を二十四に分けることによって、さらに細かく季節の移り変わりがわかるようになったものだと考えてもらえればわかりやすいです。

「二十四節気」以外にも季節を表現する言葉として、「七十二候」「雑節」「五節句」といったものが存在しています。
「小雪」がどんな季節なのかというと「わずかながら雪が降り始めるころ」とされていて、暦便覧によると「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」とされています。

「小雪」についてはあまり馴染みのない二十四節気かもしれませんが、他には祝日となっている「春分」や「秋分」日照時間に関係する「夏至」や「冬至」なども二十四節気の一つとなっています。
これからは更に空気が冷え込んで気温が低くなりますので、暖かくして体調を崩さないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

雪の雑学

今回は「小雪」にちなんで「雪の雑学」を紹介します。

雪は白色ではない

雪は何色をしている?と聞かれればおそらくほとんどの人が「白色」と答えるかと思います。
しかし、実は厳密にいえば雪の色は白色ではないのです。

雪の結晶を観察してみればわかるかと思いますが、雪の一粒一粒に関しては白色をしておらず、無色透明なんです。
それではなぜ地面に積もった雪は透明ではなく白色に見えているのでしょうか。

これは雪の結晶が光を乱反射しているからであって、雪が白色をしているからではないんです。
実は動物でも雪と同じで白色に見えて実は白色ではない動物がいるのです。

その動物は「白クマ」であり、白クマの毛についても光の反射で白く見えているだけであって、本当は透明に近い色をしているのです。

雨が凍って雪になるわけではない

雪は凍っているので、雨が凍ったものが雪だとは思いがちですよね。
ですがそれは間違いで、雨が凍ったら霰(あられ)になります。

霰は氷の塊であるのに対し、雪は氷の結晶なのです。
雪は0℃以下の環境下で大気中に存在するエアロゾル粒子と呼ばれる微粒子を核とし、その周りに結晶を作っていきます。

そして、その結晶が大きく重くなると雪として地上へ降りてきます。
なので、結晶が出来上がるまでの間は空をふわふわと漂っているのです。

また、雪の結晶にはひとつとして同じ形は無いと言われています。
核となる微粒子の違い、温度と湿度の違いによって、微妙に形が変わってくるという理論なんですね。

以上が雪の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(11月22日)
小雪
大工さんの日
いい夫婦の日

■明日は何の日?(11月23日)
勤労感謝の日
ゲームの日
外食の日

■昨日は何の日?(11月21日)
インターネット記念日
世界テレビ・デー

スポンサーリンク

フォローする