11月23日は勤労感謝の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

勤労感謝の日今日は何の日
11月23日の「今日は何の日?」は「勤労感謝の日」です。

スポンサーリンク



11月23日は勤労感謝の日

今回は「勤労感謝の日」について解説していきます!
「勤労感謝の日」については国民の祝日に関する法律によって制定された日本の国民の祝日の一つとなります。

国民の祝日に関する法律によればこの日を「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という事を趣旨とした日としています。
この日は「国民の祝日に関する法律」が公布・施行された時に制定された祝日となっています。

勤労感謝の日の由来

「勤労感謝の日」という名称になっていますが、もともとは神々に五穀の収穫を祝う風習が由来となっていて、農業に関する記念日だったそうです。
昔から日本は農業国家であったため、収穫物がそれから一年を養うための大切な蓄えとなっていたのです。

そこで、収穫物に感謝をするために開かれていた行事が、飛鳥時代の皇極天皇の時代に始まった新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)と呼ばれるものでした。
そして、「新嘗祭」が第二次世界大戦後にGHQの占領政策によって天皇行事・国事行為から切り離された結果として「勤労感謝の日」というものが制定されました。

11月23日が休日となった歴史はかなり古く、1873年に明治政府によって「年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム(明治6年太政官布告第344号)」が公布されて以来、現在にいたるまで休日となっています。

スポンサーリンク



仕事の雑学

今回は「勤労感謝の日」にちなんで「仕事の雑学」を紹介します。

大事な仕事は火曜日の午前にすると良い

皆さんは1週間仕事をするとして、特にやる気のでる曜日などはありますか?
実は人間には心理的に仕事が上手くいきやすい曜日とそうでない曜日があるのです。

月曜日から仕事が始まって金曜日に仕事が終わるというスケジュールのサラリーマンを例にあげると、まずは月曜日が休日明けの1日目であることから一番気が重たくて、仕事に集中出来ない曜日となっています。
月曜日は気分が重たくなることから一番自殺の多い曜日としても知られていますよね。

火曜日については嫌な気分は軽減して、体力も余っていることから一番効率よく仕事が出来る曜日になっています。
水曜日と木曜日に関しては少しずつ疲れが出ることから作業の効率が落ちるとされています。

金曜日は仕事の疲れと週末のお楽しみを考えることからどうしても作業効率が落ちます。
また、人間のやる気の源である「ドーパミン」は午前10時~12時の間に特に分泌されるため、重たい仕事や失敗できない大切な仕事は、やる気も体力もある火曜日の午前10時~12時にすると良いとされています。

サラリーマンの語源

日本では給与をもらって働いている社会人のことを「サラリーマン」と呼びますよね。
実は「サラリーマン」というのは横文字ですが海外では使われていない和製英語であり、海外で「サラリーマン」といっても絶対に伝わらないので注意が必要です。

「サラリーマン」といえば日本では給料をもらって働く社会人のことになりますが、なんと昔はお金の代わりに塩をもらっていたそうなんです。
もともとサラリーという言葉は、古代ローマの時代に市民が国に兵士として雇われていた時に、給料として与えられていた「塩」という意味である「サラリウム(Sararium)」が語源となっているのです。

現在でもミネラルを補給するのに重要な塩ですが、当時の人が生きていくためにも塩はとても貴重なものだったそうで、給料(サラリー)として塩が与えられていたのですね。
そのため、サラリーマンの語源は塩をもらうために兵士として働いていた人のことだったのです。

以上が仕事の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月23日)
勤労感謝の日
ゲームの日
外食の日

■明日は何の日?(11月24日)
オペラ記念日
鰹節の日
進化の日

■昨日は何の日?(11月22日)
小雪
大工さんの日
いい夫婦の日

スポンサーリンク



フォローする