11月24日は進化の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

進化の日今日は何の日
11月24日の「今日は何の日?」は「進化の日」です。

スポンサーリンク



11月24日は進化の日

今回は「進化の日」について解説していきます!
なぜ11月24日が「進化の日」なのかというと、1859年11月24日にダーウィンの「種の起源」の初版が刊行されたことが由来となっています。

「種の起源」の中では生物は自然選択をすることによって、常に環境に適応するように進化し続けてきて、種が分岐して多様な種が生じるということが主張されています。
現在では生物が進化していくことは当たり前のように思われていますが、実はわずか150年ほど前までは全く違う考え方がされていたため、「種の起源」は当時の人にとっては衝撃的な内容だったそうです。

それまで信じられていたものはキュビエによる「天変地異説」というものでした。
「天変地異説」とは、生物が神や自然の力によって造られた存在であり、その種に生まれたものはいつまでも変わることがないという説になります。

当時も昔の生物の化石などが発掘されていたそうですが、それはあらゆる動物の祖先ではなく、神話にあるノアの洪水のような天変地異が発生し、その時代に生きていた生物が絶滅してしまい、現在の生物はまた神や自然の力によって生まれた新しい生物と考えられていました。
このような考え方が一般的だったのにも関わらず、ダーウィンはこの常識を覆した人物だったんですね。

現在は人間の祖先が猿と当たり前のように考えられていますが、この考え方はダーウィンの進化論が元となっていて、昔の人にとっては信じられない内容だったのです。

スポンサーリンク



ダーウィンの雑学

今回は「進化の日」にちなんで「ダーウィンの雑学」を紹介します。

ダーウィンは生物学者ではない

ダーウィンといえば「種の起源」を刊行するなど「進化論」の生みの親として有名ですよね。
何かと生物のイメージが強いことからダーウィンは生物学者だと思われがちですが、なんとダーウィンは生物学者ではなかったんですね。

それではいったいダーウィンは何の研究を行っていたのでしょうか。
元々ダーウィンは医者の家庭に生まれたのですが、医学関係には全く興味が無かったようで、医学部に入学してからも2年で中退してしまったようです。

その後、牧師となるために他の大学に入学することになりましたが、そこでも牧師になるための勉強をするのではなく、地質学の研究に没頭していました。
地質学が好きだったことから「地質学者」になったダーウィンでしたが、ガラパゴス諸島に地質学の研究のために測量に行ったところ、変種の動物がいるのに気付いたため、これを「種の起源」として発表することになるのでした。

面白いダーウィン賞の受賞者

皆さんはダーウィン賞と呼ばれる賞がある事を知っていますか?
この賞は愚かな行為により死亡したり、生殖能力を無くすことによって自らの劣った遺伝子を後世に残さなかったことにより、人類の進化に貢献した人に贈られる賞であり、偉大な賞ではなく皮肉によって贈られる賞なのです。

実際には以下のような人が過去にダーウィン賞を受賞しています。

1.「コブラに噛まれた」と酒場で自慢している間に毒がまわって死亡

2.戸の中へ落ちたニワトリを助けようと、農夫とその家族達総勢6人が相次いで井戸へ飛び込み、全員死亡(なおニワトリは生存

3.恋人の前でカッコいいところを見せようとして、(リボルバー式ではなく)セミオートマチック式の銃でロシアンルーレットを実行し死亡

4.目の前でエレベーターが閉まったのに腹を立て、電動車いすでエレベーターの扉に突撃し、扉が壊れて転落死

どれも衝撃的な事故であり、絶対に自分ではダーウィン賞を受賞したくないですよね。
以上がダーウィンの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月24日)
オペラ記念日
鰹節の日
進化の日

■明日は何の日?(11月25日)
OLの日
ハイビジョンの日

■昨日は何の日?(11月23日)
勤労感謝の日
ゲームの日
外食の日

スポンサーリンク



フォローする