11月25日はハイビジョンの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ハイビジョンの日今日は何の日
11月25日の「今日は何の日?」は「ハイビジョンの日」です。

スポンサーリンク



11月25日はハイビジョンの日

今回は「ハイビジョンの日」について解説していきます!
なぜ11月25日が「ハイビジョンの日」なのかというと、ハイビジョンの走査線の本数が1125本であることが由来となっています。

「ハイビジョンの日」については郵政省(現在の総務省)とNHKによって1987(昭和62)年に制定された記念日となります。
また、11月25日の「ハイビジョンの日」とは別に、9月16日にも通商産業省(現在の経済産業省)の制定された「ハイビジョンの日」が存在しています。

そもそも現在のテレビ放送はハイビジョンで放送されるのが当たり前となっていますが、そもそもハイビジョンがよくわからないという人が多いですよね。
実はハイビジョンのテレビ放送が始まる前までは画面の比率が3:4となっていたんですね。

ブラウン管テレビが主流だった時代はハイビジョン放送ではなかったため、ブラウン管テレビも比率が3:4のものばかりでした。
ハイビジョンのテレビ放送では画面の比率が9:16になったことにり、以前よりも横幅が拾いワイドスクリーンでテレビが楽しめるようになったのです。

また、現在のデジタルハイビジョン放送では昔の放送に比べて高画質で奇麗な映像が楽しめるようになった事も特徴の一つとなっています。
ブラウン管テレビ時代を知っている人間がらすると、鮮明でありより鮮やかな映像を見られるようになったことは一目瞭然でした。

スポンサーリンク



テレビの雑学

今回は「ハイビジョンの日」にちなんで「テレビの雑学」を紹介します。

初めて放送されたテレビ内容とは?

NHKや民放によるテレビ放送が始まったのは1953年の出来事でしたが、実はテレビ放送自体はもっと昔に行われたことがあったんです。
日本で一番最初にテレビが開発されたのは1926年のことだったそうです。

様々な種類のテレビというものは既に世界では開発されていたのですが、ブラウン管を使用した電子式のテレビを開発し、テレビに映像を映すということに成功したのは日本が世界で初めてでした。
その時に初めての試験放送として流された映像はカタカナの「イ」という文字だったそうで。

なぜ最初のテレビ放送に「イ」という文字を選んだのかというと、「いろはにほへと」のいろは順でいうと「イ」が一文字目だったことが理由のようです。
このブラウン管テレビを開発した人物は「高柳健次郎」であり、日本のテレビの父として有名ですよね。

リポビタンDをピンチ脱出後に飲む理由

テレビCMの中でも「リポビタンD」のテレビCMはかなり印象的ですよね。
屈強な男性が大自然の中や山々を駆け回って、時には窮地を迎えてそれを乗り切った時にリポビタンDを飲みほすといった内容となっています。

しかし、ピンチを乗り切った後にリポビタンDを飲むというのは少し違和感を感じますよね。
普通は運動などをする前に、ここぞという時に力を出すためにエネルギーを蓄える目的で栄養ドリンクを飲むと思うのですが、リポビタンDは順序が逆になっています。

これは薬事法によって「誇大広告をしてはいけない」と決められているからなんですね。
あくまでリポビタンDは「疲労回復、滋養強壮」が効能のドリンクであるため、先にリポビタンDを飲んで窮地を乗り越えるようなパワーを発揮するCM内容にすると、効能の範囲外となってしまい「誇大広告」となってしまうのです。

以上がテレビの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月25日)
OLの日
ハイビジョンの日

■明日は何の日?(11月26日)
いい風呂の日
ペンの日

■昨日は何の日?(11月24日)
オペラ記念日
鰹節の日
進化の日

スポンサーリンク



フォローする